新着Pick
594Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内旅行も外食も今だってできるし、やってもいいんですよ、ソロ旅、ソロ外食なら。そもそも選択肢として「外食・会食」を一緒にしないでほしい。外食と会食とは別です。これを、「すべての外食は誰かと一緒にするものである」という事実に基づかない偏見が、今の時短要請とかいう的外れなものにつながっています。
そもそも外食産業を支えていたのはソロ外食(一人飯)だったというエビデンス記事はこちらに書きました。
https://president.jp/articles/-/42628
リアルの価値を再認識している。

いつでもできていたことが、できなくなった。当たり前だと思い、本来の価値を感じていなかったことの認識が変わった。

リモートやバーチャルなどでは満たされない、人の本質的な欲求を満たすリアルを大切にする人が増えますね。
体験に制限がついているので、制限が外れたときに一気に解放されると期待して、準備します。ただそれがいつになるかもわからないし、戻るかもわからないと思っています。時代にあったものを作るのが大切です。
個人的には、一座建立がアフターコロナのキーワード。

ゲストもホストも、互いに不安なく今という時間を楽しめる。
それが普通だと思ってた私たちにとって、大切さを気づかせてくれたという意味では、よりリアルな体験を求めていくんでしょうね。
『「どこでもいいから出かけたい」という声も複数あった。(記事から引用)』
先行きが不透明な状況下で長期間に及ぶ移動や外出の制限を受けている人々の本音だと思います。
COVID19感染症が収束したら、やりたいこと1~3位を全てまとめて楽しんでもらいたいです。
親しい友人と旅先でご当地グルメを堪能出来れば幸せですよね。
1位は想定通りでしたが、3位に「友人との外出」が入っているのが、なんだか切なかったです。

友人との(単なる)外出すら控えている若者たちがたくさんいると思うと、とても気の毒に思えました。
AmazonPrimeで10年前くらいのテレビドラマを見ていると、オフィスワークの場面が登場するんですよね。「あ、会社に集まって仕事していた時代があったな・・・」と感慨深く見てしまいました。
非効率だったかもしれませんが、オフィスの会議室に集まって密な企画会議をまたやってみたいですね。
コロナ禍でも日常を充実させる方法は沢山ある。
アフターコロナまで我慢するというより、今の制限の中で、自らを充実させる方法を、新たに考え実行する事はとても楽しいです。
???
Go to travelってどの国でやってたんでしたっけ?
緊急事態宣言が延長かどうかはわかりませんが、3月4月は本来だと繁忙期。1月2月との反動はあると思うので、そこで受け入れ体制力が落ちない様に時短や休業の中でも準備はしていきたいところです。
関連記事一覧
<外食・中食 調査レポート>2021年4月の市場動向、外食・中食売上は2019年同月比23.7%減、出前(デリバリー)は2019年同月比49%増
www.npdjapan.com
20Picks

外食がハンバーガー業態に期待 ロイヤルHDや鳥貴族
日本経済新聞
15Picks

食味管理のDXが外食ビジネスを変える?――― 味の制御をIoT技術で行うTechMagic
DX-Navigator | 日本初のデジタルトランスフォーメーション(DX)情報メディア 
11Picks

ラクスルとイデア・レコードが業務提携、外食企業のDXを推進へ
デジタルシフトタイムズ
8Picks

ウィズコロナの外食ロボット活用 、再定義される業界でフォーカスすべきは
ビジネス+IT
6Picks

3度目の緊急事態宣言 百貨店・外食・鉄道など対応は?
日本経済新聞
5Picks

お店はスマホの中にある、「デジタル外食店」という新業態
日経ビジネス
4Picks

「ふざけんなよと」怒り爆発 大手外食が“露骨に冷遇”されるワケ
ITmedia ビジネスオンライン
4Picks

<外食・中食 調査レポート>2020年の世界13か国の外食・中食市場規模は20%減、 デリバリー(出前)は47%増
www.npdjapan.com
3Picks

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説
manamina[マナミナ]まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン
3Picks

Premiumを無料で体験
登録・ログイン