新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
意味しているのはおそらくロボタクシーと呼ばれる自動運転MaaS車両のことだろう。明らかにトーンダウン。なかなか実装は難しい技術ということか?!これがクルーズを意味しているなら計画から3年遅れ。ちょっと前は2030年の年間自動運転MaaS車両マーケット400万台!と言っていた孫さんの今の見通しを伺いたい。
自動運転の定義がよくわかりませんが、市販車に搭載される自動運転機能はレベル3から格段に難しくなります。価格的にもまだまだ高額です。
加えて日本は規制が多く、実験から実装への道のりは簡単ではありません。日本初の企業が自動運転で主導権を握るのは簡単ではありません。ソフトバンクには頑張って欲しいですね。
記事の内容が不明確なので、正しい理解なのか検証が必要ですが…孫さんは、単に「世界の市場のトレンド」として「量産開始は2年後」と言われているだけで、「ソフトバンクGが出す」とは言っていませんよね?

紛らわしい記事タイトルで読ませようとする記者の魂胆がみえてしまうと興ざめします。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
走らせる場所、環境次第。
特定の場所をどれだけ集められるかが勝負
見出しで一瞬自社でやるのかと思ったが、そうではなく、世の中的に量産をするタイミングの想定について(そしてそれが関連投資先にどう影響を与えていくのか、という文脈だろう)。
ARMの売却(個人的には結構難しいと思っている…)でNVIDIA株を有することになれば、そこをNVIDIAがどれだけ握れるのかという話にも影響。
ダボス・アジェンダでの対談(というかインタビューか)の様子はこちらに日本語訳付きでアリ。聞き手はブラックロックのローレンスフィンクCEO。豪華だ...
https://www.youtube.com/watch?v=D1yr-RfKMZM
ITへの理解力、利き目に定評のある孫正義氏が迂闊に自動運転を口にされるのは、その世界に関わる人たちへの影響が少し心配されます。

人が運転に全く介在する必要の無いものが、ごく普通の一般人の連想する自動運転であって、色々制限されている現在の運転支援技術を延長したものとは別物と考えるべきです。

https://www.businessinsider.jp/post-227521

また人工知能(AI)とは、パターンを学習するディープラーニングを指しているのであって、運転のような自律的、能動的に物事を判断するというものは、自分の知る限りまだ存在していないと思われます。(これはシンギュラリティと呼ばれる技術特異点の登場が待たれています。代表格は量子コンピュータなど)
世界経済フォーラムのオンライン会議での孫さんのお話。「自動運転車の量産開始は2年後を想定している」
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
17.8 兆円

業績