新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ興味深いコメントですね。

"たくさん役を持っていると、「視点をずらす」ことが簡単になります。視点をずらすことができれば、振れ幅の大きい人間になれるし、人間的魅力も増していく。自己肯定感というか、自分に自信もつきます。"
キャラの解像度を上げるための因数分解、組織や個人でも全く同じことができそうです。結局「なぜあの会社を選ぶのか」は、キャラが立っている(つまり差別化できている)ということですから。
めちゃくちゃいい話。近代的個人主義は「本当の自分」みたいなものの存在を措定してるけど、人間は状況や人間関係によって多様な側面を発現させる。ドゥルーズが政治制度に触れる文脈でIndividualismならぬDividualism(分人主義)を唱えたことは広く知られてるけど、そもそも自分という人間存在のある一側面のみを切り取って提示しなければならないみたいな前提というか社会通念自体が本来的には合理性も正当性も欠いてる。SNSが乱立してコミュニティによってキャラ設定や使い分けが顕著になってきた社会潮流と密接に関係しているのでこの種の議論は深化していくはず。まずは平野啓一郎の名著『もしかして: 私とは何か私とは何か――「個人」から「分人」へ 』から。
役を複数持つってすごくいい概念ですね。
勉強になりました。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。