新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「日本は米国に次ぐ2番目の規模」とありますが「総額13兆8750億ドル」のうち米国が4兆130億ドル、日本が2兆2100億ドル、この2国で半分弱に達します。
米国のGDPが日本の3倍あることを考えれば、人口当たりの死者が30倍に達する米国以上の対策を我が国が取ったことが分かります。但し、日本は資金支援が多いので、政府の支出に限ってみれば米国の3兆5030憶ドルに対し我が国は7820億ドルに過ぎないとみることも可能です。
いずれにしても日米の対策が他の国々と比べて突出していることは確かです。それなのに、陽性者も死者も米国より遥かに少ない日本のGDPの落ち込みが米国より大きく、今年、来年の回復力も米国に劣るとIMFに見られていることがちょっと残念です (^^;
日本は二兆ドル以上とのことですが、真水ではそんなにいきません。
IMFには事業規模ではなく真水の規模集計をお願いしたいものです。