新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
就職や転職で会社選びに悩んでいる人へ。今は、身をさらす勇気さえあれば、向こう側から才能を発見してくれる時代です。
僕はwill can mustだけじゃなくてean moneyを加えた4つめの円を意識した方がよいと思っています。
できるし、やりたいし、社会から求められてるし、稼げる
この4つ目を理解した上で「興味ありません」というのと、理解せずに後で後悔するのは大違いです。
やりたいことに固執してしまうと行き詰まり、能力開発も上手くいかず、自己肯定感を下げること…あります。

他方、自分が出来ることに肩の力を抜いて行動すると、いい反応を貰えてモチベーションが上がるのも納得。

ありのままの自分をさらけ出し、偶然の出会いを大切にしたいと思います。
can-must-willの流れを作るには、自分のcanを知ることが大切です。仕事を「誰かにとおて価値あるものを作り出すこと」だと考えれば、誰にどんな価値を提供できるのかは、関わって実際にやってみなければ分かりません。
will,can,mustは所詮助動詞なので、動詞のdoを加えて初めて意味を成します。

will起点でもcan起点でも、大切なのはdoです。できるかを考慮せずに「やりたいこと」を突き詰めるのは、カッコいいかもしれませんが痛い人と表裏一体です。「できること」も人が求めているレベルでなければ選ばれません。
本件よいテーマ設定ですね。

私は「やりたいこと」から入る派ですが、「できること」から入るほうが本人を含めた周囲にとって幸せ?とも思います。

仕事をライフワークと考えるか、生活の手段と考えるかでも違いがあらわれるかと。