新着Pick
339Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
発言を求められた時にどのように上手なスピーチ力で発信するか、興味深い内容でした。

自身を振り返っても、筋トレのように繰り返し繰り返し実戦でもって発信スキルをつけるというのが一番自分の言葉になるというところではありますが、いくつかポイントがあります。

・インプット→日々の情報を学び続け、その情報を自分の言葉にできるようにする。主体性ある言葉にする。人のスピーチの上手な言い回しを勉強すると、話し方、コンテンツ、振る舞い方勉強になります。
・アウトプット→あえてアウトプットを出そうと努力すると、工夫して自身の振り返りを行いアップデートするようになりますので、意識的に発信する場を設ける。(急に意見を求められる受け身ではなく、自らどんどん発信する)

フレームワークに沿った形でポイントを持ってスピーチで話すことを練習する話し方に加えて、ユーモアは大事ですね。ユーモアが個性を引き出すというのはその通りで、ユーモアもダイバーシティで様々なので、スピーチにどれだけユーモアを付け加えて聞き手に興味あるコンテンツにできるかをいつも考えています。何度もスピーチを終えた後は反省があるのですが、そこでへこまずに、でも振り返りは実施しGoodポイントとImprovementポイントを洗い出して、改善することを繰り返しています。
私の直属の部下は、前職でアルバイトからエリアマネージャーになった人なのですが、これがめちゃめちゃ得意ですね。
いつどんな場面で振っても必ず高得点で答えてくれる。
そしてやっぱり数経験することが大事なんだと思います。
失敗と反省を繰り返しながら…!
自分の意見を即興でまとめる能力は、自分なりの型を決めておいて、日々訓練することで養えると考えます。

例えばNPのコメントも、記事をざっと読み、感覚が新鮮なうちに型にはめた文章に落とし込む。

継続することは、スキル向上のみならず、自信も身につき効果的です。
欧米だと「何かクレバーな事を言わなくては」というプレッシャーが常にあるので、場数を踏む機会も圧倒的に多く、また、ちょっと滑ってもまた次があるさ、というリラックスした気持ちもあるのがさらに上達を呼ぶように思います。
エレベータートークのポイント。
①結論から話す
②2~4つの理由を説明する
③時間があれば具体例を補足する
頭の中にピラミッド構造を描くことが重要ですね。
普段からどれだけ考えてるかが重要。そういう意味では記事にあるインプットとアウトプットに賛成だし、アウトプットしようと思うとそこに至るスループットがある。