新着Pick
254Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年、オルタナティブデータに基づいて消費動向を振り返ってみました。
土田さんや唐鎌さんのように、マクロ経済分析のプロからもコメントを頂きとても恐縮です。
徐々に緊急事態宣言後のデータも集まり始めておりまして、来週月曜日には1月前半までのJCB消費NOWの速報値する予定です。そちらも是非ご期待いただければ幸いです。
所得が減ってしまった、ないしは失職された方々は第一波、第二波、と着実に増えている。こうした中で、所得効果で消費のトレンドが変化した可能性が示唆されたわけですが、実に納得感がある分析でした。

我が国は現在、コロナ拡大の第三波の渦中にあるわけですが、緩い行動制限とはいえ、小売や対顧サービスの現場は大変なようです。そうした中で、皆さん頑張っておられます。

今年前半は第三波下での行動制限による消費及び雇用の悪影響が、昨年以上に需給の両面で意識されると考えられます。補償を与えれば良いという短絡的な発想では乗り越えられない。

皆さん、コロナ禍で生活のために様々と苦労をなさっています。人の接触がないに越したことはありませんが、生活ができなければ、そもそもの意味がありません。
途中、辻中さんがご指摘されているように「人が外に出ているのに消費が悪い。人出と消費の関係性が崩れている。要因として、所得効果がある」という論点はこれからもっと大事な話になってくると思います。世界的にISバランスを見ても家計部門の貯蓄過剰傾向は明らかに強まっています。こうした中、消費・投資意欲を駆動できる自然利子率はより下がってくるはずですから、世界における金利消滅、定期的なインカムを追求した末のファンダメ無視の株高というところまで引っ張れる話だと感じます。ナウキャストの分析はいつも面白い論点を提供してくれると思います。
一時的に我慢すれば景気も所得も戻ると最初の感染拡大局面では信じていたのに、第二波、第三波が重なって、仕事と所得を含め先行きが心配になって来たという雰囲気を、主観的なものながら記事の事実から感じます。政府が給付金や補助金を配り節約もして、全体としての家計は消費余力を蓄えていますから、「コロナ収束後に、これまで我慢していた分の消費が活発化するかどうか」は多分に心理的。GOTOの中止や緊急事態宣言の長期化で人々の不安が増し、「ペントアップ需要(繰越需要)やリベンジ消費」の力が日々削がれて行きそうで心配です。
陽性者数、死者数は欧米対比圧倒的に少ないのに医療崩壊の怖さばかりが強調されるなか、心理面でもゲームチェンジャ―になり得るワクチン接種は、主要7か国で我が国だけがスタートしない。そんな現状に聊かイライラが募ります (^^;
記事中で、コロナ一波で消費が落ち込んだのは5-6月となってますが、4-5月だと思います。
ナウキャストは2015年の2月に「日本経済の視界をクリアにする」ことをミッションに掲げ、20東大発ベンチャーとして立ち上げられました。当時はオルタナティブデータという言葉もなく、ビッグデータで経済の視界を「クリアにしよう」と意気込んでいました。そこから6年が経ち、その後加速した社会経済のデジタル化とともに、当時は思いもよらなかった多様で大量なデータを手にしていますが、よもや今のような経済の局面をデータで「クリアにしてしまう」ことになるとは思いもよりませんでした。

オルタナティブデータに基づいて、昨年の消費動向を振り返ると、昨年の第一波の際は、比較的好調だった経済を予告なく「人工的」に停止させたことの影響がその後の数字に現れていたのに対し、第三波においては、経済にはファンダメンタルな弱さが現れています。さらに、人の行動が変容した兆候を消費のデータから見て取ることができます。つまり今回の消費の弱さは、修復に時間を要するものである可能性が高いということです。
逆相関になっている系列があるのが興味深い。そしてトータルではやはり琴線を伴う消費活動は減ってそうな印象…たとえば旅行は約25兆円規模の産業で、BtoCのEC市場規模は約20兆円。
ざっくりだが、旅行全体の落ち込みは年平均では-30%以上だと思い、ECは大体+30%くらいか。そしてそれ以外にも落ち込んでいる消費もある状況だし、記事にある所得効果は経済活動が自律的に回復に向かわないとより顕在化してくると思う。現在のこれらの消費も、様々な経済対策のもとに成り立っているし。
ワクチンの効果、変異種とのバランス、こういった点を見ながら今後もこういうリアルタイムデータや記事を見ていきたい。なお、経産省もナウキャストほど細かくはないがPOSデータなどからの動向を無料で公開しているので、興味がある方は是非併せて!
https://www.meti.go.jp/statistics/bigdata-statistics/bigdata_pj_2019/pos_gfk_intage.html
第一波と第三波の違いに関して自分の分析

最初は、巣篭もりに当たってまとめ買いを推奨されたが、今はされていない。
家には、それなりにストックがある今は、まとめ買いをする必要があるがない。
そもそも、今は寒いので、家にいるのがそれほど苦痛ではない。
運動不足は続いているので、今は前よりも節制している。
第一波では、便乗値上げが見られたが、今は見かけない。
朝昼晩と自炊をするのも慣れた。
映像配信は、AmazonプライムからNetflix へシフト。
分析はともかくデータは面白い。

起きたことは、【消費者が変化に対応した】ということ。

コロナが収束したら、元に戻るのでは、と考えるのはリスクだと思います。

ヒトの認識、これは中々変わりません。

特に死に関わるかも知れないと、いう病気であることを、マスコミやメディアを通じて、この一年で、多くの人の中に入り込みました。

ワクチンや治療薬が出来、広がっても、情報によって拡大されたコロナウィルスへの脅威感は、インフルエンザと同じようにはなりません。

コロナが収束するのと、人々の認識が暮らしに与える影響とは、相関はするけれど、簡単には因果はしない。

簡単には行きませんが、記事内業種でも、「戻らないとしたら、どうするか、、、」視点で動く・考える方が、事業可能性を少しでも広げるのではと思います。
>全体としてデフレ傾向になっている
シンプルにやばいやん。