新着Pick

「変わり続けること」でしか生き残れない、ビズリーチ創業者が人材の次に挑むもの。

Business Insider Japan
HRテックの創業者が、アートテックに投資する——その真意とは? ビジョナル傘下のBizReach(ビズリーチ)創業者ファンドは1月27日、テクノロジーを使ってアートを管理するbetween the arts社へ出資することを明らかにした。金額は非公表。7.6兆円とも試算される現代アート市場のうち、市...
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
変わり続けるために学び続ける、まさにそう思います。以前は5年後どうなっていたいか、10年後どうなってもいたいかと、入社した頃にキャリアについてのロードマップを描いてみようと言われてキャリア計画を立てていたわけですが、全くその通りになっておらず、なぜならば環境の変化が激しく取り巻く環境が変化し続けるために、5年後10年後に考える理想像はもう来年にはきているなんてこともあるわけです。
変化が激しくVUCAな時代と言われるように明確な正解がなく曖昧でしかし複雑で、といった中において、変化に強く対応できるためには、自分自身をもちろん組織も、アップデートをし続けないといけないわけです。
そのためには、学び続け、学んだ内容を自分の言葉に変え、学んだ内容を組織へ還元する、組織は新たなアップデート情報を格納する、こういった学びのサイクルを止めることなく自律的に学びを続けたいです。
アートの価格は不動産と連動しますからね。

金融緩和が世界的に続いている間は価格の下落リスクは少ないですし、
なんなら古美術の世界なんて、何十年と下落し続けて、心肺停止状態に近い価格ですから、もはや古美術の世界については生み出されるものが今後ないという意味では、関心が高まれば価格は上がるしかないレベル。たぶん海外からの購買層によって古美術はどこかのタイミングで底打ちするに違いないと信じてますけどね。

とはいえ、本物と偽物の間のグレーゾンたるものが古美術にはありますから、まずは目利きの勉強が必要になるのかもしれません。
その点、現代アートはグレーゾーンを意識する必要もないので入りやすいんだろうなと思います。

アート市場が盛り上がるためにも市場参加者が増えることが大事なので、多くの人が興味を持つきっかけが増えていくといいですね。
南さん。今度はアート。
大石哲之の後を追ってる感もある。

南さんは、成功したベンチャー創業者とされるが、根本は、リーマン・ショック後にピンクスリップパーティーやる人から変わってないと思う。未来がわからない時でも、新しい価値観で古くて効率悪いものを変えていく人。
関連記事一覧
「デキる人」がやっている、ダラダラ時間を「ゼロ」にするシンプルなワザ
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
1964Picks

立憲との合流決定へ 「原発ゼロ」「分党」で紛糾も 国民、19日に両院総会
毎日新聞
6Picks

酒税法改正の追い風 糖質ゼロビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」 10月6日に発売
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
5Picks

「社員ゼロ、在庫ゼロ、オフィスなし」で10億円企業を作った私の方法 - 営業マンより、ブログとSNSがいい
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
5Picks

30代婚活女子に「年収1000万でも貯金ゼロ」男はどう映ったか - NEWSポストセブン
BLOGOS - 最新記事
5Picks

座談会・対談:イノベーションを起こす─自分のアタマでユニークなものをゼロから考えよう (2020年10月号)
一般社団法人 日本経済団体連合会 / Keidanren
4Picks

正社員ゼロ、会議ゼロのベンチャーが、急成長している驚きの秘密 - コロナ後、売り上げが5倍に
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
4Picks

日本初の糖質ゼロビール、「キリン一番搾り 糖質ゼロ」発売へ
BCN+R
4Picks

【前編:テクノロジー×未来×政策】"日本に対する想い"が出発点。GO FUND代表小池 藍氏のキャリアと原動力。 - Publingual
Publingual
4Picks

ユニコーン「ビズリーチ」上場 今年国内初
日本経済新聞
3Picks