新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
後ろ向きの転職は失敗しやすい。

現職への不満が理由の場合、早く抜け出したいという気持ちが先走り、転職先を誤りやすい。

転職をキャリアディベロップメントに活かしたければ、情熱を持って新しいことにチャレンジする、前向きの転職をしましょう。
失敗したまま(いやになって)転職したらまた失敗しそう。次にやりたいことを実現するために転職したら成功率も高まりそう。
まずは価値観の棚卸しが最優先。

自分が何を大切にして生きていきたいのか、
その軸に沿って働く場所や生活の基盤を決めていかないと、歪みは出てくるものだと思う。

価値観見直しツールを利用してみるのもアリですね。
関連記事一覧
転職で「情報集めに必死な人」が失敗しがちな訳
東洋経済オンライン
200Picks

「転職なき移住」を促進 地方創生の基本方針
日本経済新聞
8Picks

あなたは今、本当に転職してしまってもよいのか? 〜タイミングを考える5つのチェックポイント〜(曽和利光)
Yahoo!ニュース 個人
5Picks

「転職で失敗する人」の特徴3選、面談2000人・300社以上をサポートした結論 – MONEY PLUS
MONEY PLUS | くらしの経済メディア
4Picks

2回目以降の「転職のデメリット」調査 突出して多かった2つの「回答」とは
ITmedia ビジネスオンライン
4Picks

面接に適した服装とは?カリスマ転職コンサルタントが教える「失敗しない身だしなみ」
新R25
4Picks

【森本千賀子】意外に知らない「転職エージェント」の上手な使い方。6つのポイントで転職成功率アップ
Business Insider Japan
4Picks

介護業界に転職して良かった!仲間と協力する楽しさを知って欲しい~転職体験Tさん4
介護、福祉、医療の求人・転職なら【介護求人ナビ】
4Picks

失敗事例から読み解く、中高年転職で失敗しやすい人の3つの特徴
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
3Picks

リサーチ不足で転職後に後悔する声も “慌てて転職する”20代、理由1位は?
ITmedia ビジネスオンライン
3Picks