新着Pick
469Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
チャットブック社もフルリモート組織です。一度も会わずに社員登用も行います。
フルリモートですと、お互いの顔を毎日見られず、体調管理もとい精神の健康状態についても伺いにくくなります。非日常であったはずの不要不急の外出控えが続き、心身共に影響がないとは言いきれません。不安な気持ちを共有するだけでもよい、カジュアルなセラピスト活用方法を国内でも出てくればと思います。

記事では、プラットフォーム構築でセラピストを見つけやすくすること、対面と比較して効果も変わらないとされるリモート診療で移動などの制約がなくなることが、堅調に伸びている理由とのことで今の時代の必然性を感じます。
カウンセリングやセラピーは受けようと思っても心理的な抵抗もああると思うので(自分は病んでいると思いたくないバイアス)、遠隔の方が手軽な点もいいですね。
社内だとキャリアや仕事のコーチやメンターをする人が自分でもカンセリングを受けてみて紹介できるといいですよね。
このビジネスは超注目。需要側、顧客のカウンセリングをタブーと捉える精神的ハードルを超えれるのかと、供給、カウンセリング側の実効性と科学的エビデンスのある質と量を抑えたサービス提供ができるかの勝負。

鬱病は糖尿病と同様、生活習慣病のようなもので、治療可能、また投薬でよくなる、といった認識が広がればソリューションの枠も増えてきそう。身体的well beingにここまでおかねをかける時代、精神的well beingももっともっとリソースを費やすべき。

【「メンタルヘルスは過渡期を迎えています」と、モアは指摘する。「テクノロジーの活用を受け入れる流れがどんどん広がっているのです。同時に、(精神面の問題につきまとってきた)社会的タブー感は大幅に減少しています」】
メンタルヘルスとウェルネスビジネスが注目を集めている中、アメリカと比べると日本などアジアでは専門的なセラピストが非常に少ない気がします。需要があってデジタル上のリモート治療のプラットフォームができたとしても、この産業を支えられる人材がどれほどいるのかが気になります。また精神治療法は専門家によっても色々あると思いますが、その中でも何が効果的なのかが、その選択肢も知りたいです。
コロナになって、妊婦さんや子供の鬱も増えているそうです。
少しでも誰かと何でもいいから話すことによって、心は軽くなるものだと思います。
誰もが気軽に使えるようになると、初期の段階から防ぐことができ、その社会経済的な効果は大きいと思います。
日本でも、オンラインカウンセリングへの風当たりはこの5年で、そしてこの1年でさらに大きく変化してきました。5年前には「オンラインでカウンセリングなんて」という声も多く聞きましたが、今はそのようなことを言う人は化石のような存在になりつつあるように感じます。
カウンセリングはよくわからないサービスだからこそ、「わからなさ」をいかになくしていくかが大きな課題で、オンラインカウンセリングサービスを国内で提供するcotreeでも、セラピストとのマッチングについてはいろいろ考えてきましたし、属性・目的・状態・特性など、さまざまな変数があると考えています。ともすれば家族よりも深い話をすることになるセラピストなので、初めて会ったセラピストがベストとは限らないという想定で、気軽に受けてみていただくのがいいように思います。
パンデミックで不安感が増殖しています。その不安を解消するセラピストをデジタルプラットフォームに乗せてリモートケアするサービスが活況ということです。

リアルタイムに悩みに乗ってくれるサービスがあれば、きっとはやるでしょう。それはバーチャルロボットかもしれません。人間に心を打ち明けるのは抵抗感がありますが、ロボットなら本音を語れそうです。
メンタルに悩みがある人は、クリニックに直接行くよりも心理的ハードルが下がるのでリモートの方が相談しやすいようですね。

今後需要が増えていった際の懸念としては、カウンセラーの質の担保が難しいのではないかという点です。
質によってはマイナス効果もありうるためそこが心配です。
「(セラピーに関して)遠隔型と対面型の成果に大きな違いは存在しない」「目標は新規クライアントが「10分以内に」誰かと話ができる体制を作ること」といった観点が興味深い。実はコロナ禍で弊社が提供する有料のオンラインキャリアカウンセリングも利用者が2倍以上に。コロナ禍だからこそ、一層オンラインでのカウンセリングニーズが高まっていると感じます。
この分野こそ、相性、つまりマッチングが効果を決める重要な要素なのですね!

(以下、記事中からの引用)
最終的には各クライアントに最適なセラピーを紹介し、マッチングのあり方をめぐる理解に貢献できたらと、3人は願っている。
「マッチングに関する研究はあまり進んでいませんが、(セラピストと患者の)連携の重要性を物語る研究は数多く存在します」と、カッツは話す。
「強い結びつきがあれば、治療のクオリティは飛躍的に向上するのです」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません