新着Pick
741Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはまさに本文中にもあるように、電通のような業態が移行するべき形になるべくしてなった、という動きなのかなと。オリンピックの延期やコロナでの自社ビル保有に関する流れも話題になる中で、そうした状況も一つの触媒になっているかもしれないけれど、むしろこうしたクリエイティブ人材のREIT化、いわば専門タレントを離散化と流動化して社会と共有しやすくする仕組みは、もっと早い段階で動いているべきだったくらいの話なのかなと。

大型案件や固定顧客との関係だけで動く世界ではなくなっているというのはこの業界は誰でも感じていることのはずで、契約の単位は時間的にも案件的にもどんどん細分化されたものを流動的に、確率的に扱う形に変化している。

その主戦場がデジタルプラットフォームであることは大前提として、組織ベース人ベースでのクリエイティブ領域でも、より細分化された単位をゆるく総量として扱える体制への移行は不可欠になっている。電通のような業態こそこうした雇用のしくみ、個々の自由度を極力担保しながら、同時に組織としてのベネフィットを各レイヤに提供できる体系を、積極的に切り開くニーズにさらされているはず。

さらに「クリエイティブ」な雇用のシステムや、むしろ外部の専門家の知識やネットワークをスポットでつないで利用できるチーム形成の形など、雇用という領域で開拓できる余地はまだ沢山ありそう。
リストラと受け止めるか、新しい働き方と受け止めるか、それは本人次第の話です。

自分の名前で活躍できる能力を持った個人にとって、組織のルールは足枷になってしまうことがあります。組織にとっても活躍できる個人を縛ることが離職リスクにつながります。
お互いに中長期的なwin-win関係を作れるなら、個人事業主化は決して悪い話ではありません。ある程度の基盤を持ちながら起業できるので、本人にもメリットがあり、組織にもビジネスの範囲拡大につながります。

個人事業主化が強制されるとリストラっぽくなりますが、選択できるのであれば多様な働き方の一つです。濫用は避けるべきですが、多様な選択肢は個人自律につながります。
市場に通用する卓越した専門性を持っている人間には、魅力的に映る制度だと思う。顧客のためを思っていても、どこかで社蓄にならざる得ない状況もあるからだ…。このような制度は、これからの当たり前の一つになる。会社名よりも、自身の名前が前に来るように覚えられるか…自身の力量で、どれだけの"My Client"を獲得できるか…それだけの信頼を勝ち取ることが前提となる。個人事業主は、専門性だけでも生きてはいけない。仕事を獲得していくことが極めて重要であるからだ。
会社人生は、定年制度で頭打ちとなる、能力とは関係無く…。この先の仕事人生を考えると、定年が終わりではない筈である。自分の意思で決めることが求められるようになる。このような制度を導入されると、一人ひとりがもっと仕事について考えるようになる。生涯に渡り、"続けられる"仕事を見つけることを意識することに繋がると思う…。
「やりがいのある仕事」「電通クオリティー」…どうも自画自賛的な表現がたくさん出てきて違和感を覚えます。

電通という看板があるからこそ評価(?)してもらえたという点を失念していると考えるのは、意地悪な見方でしょうか?
前々から、第四次産業革命でノマド型の働き方が増えて、一つの企業に一生勤めるパターンが崩れると考えています。新型コロナは第四次産業革命を加速させており、今後、個人事業主の数は増えるように思います。私は小さな学校を経営していますが、個人事業主の先生との業務委託契約が多いです。でも、指示待ちタイプの人は個人事業主でやっていくのは難しいので、向き不向きがありますね。
チャンスとして考えられるか?

批判的にとらえて、会社に依存し続けるか、前向きにとらえて、自立するために踏み出すか、これからの人生の分かれ道。

いきなり会社をつくって独立するわけではないので、チャレンジする価値はありますよね。

「アルムナイ経済圏」もあるのだから、それを活かせばいい。恵まれた環境であることを認識して、動けるかどうかです。
どんなキャリアトランジションでも、自分が過去に培った内的外的資源をどう役立たせるかは、本人次第。

プロアクティブな変化で生まれる「責任と自由」は自分でコントロールできるのですから、貴重です。
今は歴史になってしまった
「鬼十則」が染み付いてる世代には
このコロナはリスクよりもチャンスと捉える人は
少なくないのではないでしょうか?
※多分自分でもそう思っていた筈です。

もう「社会の黒子」とか言ってる時代ではないので、
ガンガン外を向いて攻めて欲しい。
働き方の動向や環境を考えると、方向性として納得のいく動き。
経費つけ放題だし損益通算もできるしうまくやれば非課税だし、実力のある社員からしたらメリット大でしょうね