新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SDGsには「うさんくささ」はあるものの、そこを乗り越え、ビジネスパーソン共通のコミュニケーションの基盤になって来た、と感じます。

日本社会と横文字ビジネス用語の付き合いはむずかしいですが、ある意味では「インターネット」と似ているのではないでしょうか。

資本主義の転機とともに、気候危機、教育やジェンダー格差、人権についてビジネスリーダーが考える機会が増えている。取材をしているとそう感じます。
成長曲線を描いては、結局、資本の論理に飲み込まれると思うのですよね。現に、企業の道具と化し始めていますし。

どこまで妥協するか、理想に生きるか、でSDGsが目指すトランスフォームのあり方も変わるかと思います。

現状、妥協で2030年を迎えることになりそうですね。