新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
凄い。新市長は好スタートを切った感じ。
コンサルなどの前職であれば、一定層はかなり年収をかなり下げて応募しているでしょう。ローカルには仕事がないのではなく、やりがいのある仕事を打ち出せば、人は来るということですね。
4年のお勤め後は引くて数多になると思うので、決して悪い話ではないでしょう
人気 Picker
この手の公募が機能するためには、選定とともに現在の議会、行政機構の関係者の協力が鍵になりますね。機能しない公募職員もありますので四條畷市含めて過去の動きがしっかりした自治体の体制をもとにした動きになることに期待ですね。
副市長は、市長のブレーン的な存在。優秀で知見豊かな方が就任すれば、その自治体の未来にとって必ずプラスですね!

1,000人以上の応募とは、それだけ地方に熱意のある方々がいるとは、素晴らしい。
こんな時代だからオンラインで面談できるので効率もいいですし、なるべく多くの方のお話を聞いてもらいたいです。
これぞという方を採用してください。

他の自治体もマネできると思います。
良い事例ですね!
素晴らしい行動力ですね。
早くお会いして、広島の観光の未来についても語り合いたいです、
採用の支援をしてきていますが、こういう非エンジニア案件で熱量とスキルセットの両方をしっかり判断する採用は、面接やその他の方法を通じた見極める能力がかなり問われるのをみてきました。
また熱量もスキルセットも高くても、4年間仕事をうまくやり抜ける、地方行政の現場の「企業文化」だったり、ステークホルダーとの仕事の進め方とのフィッティングなどの見極めも必要かと。

ぜひ良い方を採用していただきたいです!
副市長は1人は生え抜きで庁内をしっかり掌握できている人がいいでしょうが、もう1人となれば外部から起用するのが有効だと思います。その場合、どんな狙いで何を期待するのか。それが職員たちをうまく奮起させる方向にリードしていけるかどうかは、起用した市長の手腕次第になります。今後の行方が気になりますね。
副市長に1000人だと、フルタイムで副市長ポジションでなくても、お手伝いいただきたい方もいらっしゃるのではないか。そうなると、副市長ではなくても、副業的に携わっていただける方を何人かブレーンとして任用するのも手ではないか。1000人の人材をうまく活用できるといいですね。
月給70万円なら、応募が殺到するでしょうね。

「自分の力を発揮できる」と考える人も多いでしょうし。

地域のしがらみに負けない人材が地方自治体には必要だと思います。
「公募には、北海道から沖縄まで全国各地から応募があり、業種も官公庁や商社、コンサルなど多岐にわたるという。」
応募は今月31日までとのことですので、まだ応募者が増える可能性はありそう。

応募者の中には、広島県安芸高田市にゆかりのない人も多くいらっしゃると思いますが、地方創生にそれだけ意思のある人が多いと考えれば、他の地域でもチャレンジする価値はあるように思います。
市長のパフォーマンスでしょう。内部からの人材登用をする能力がないだけです。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
6.09 兆円

業績