新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
水際対策は、自国より感染が拡大している国からの感染流入をできるだけ予防する措置。したがって世界でもっとも感染が流行してしまった米国が、これまで日本を含め多くの国々から陰性証明すら求めず人の入国に寛容であったこと自体は、ある意味で理にかなっている。しかし、そのために英国の変異株を早期検出できなかった。せっかくワクチン接種も進めているので、未知の変異株も含めてリスクを減らしたいということ。今週中にはバイデン政権の国境管理に対する新しい施策が出てくる予定。
アメリカからの入国者を多くの国が受け入れていない状況ではあるが、トランプはそれでも欧州などとの往来を認めた(欧州→アメリカは可能)。既にアメリカでは英国由来の変異株が既に市中感染している状況だから、手遅れと言えば手遅れだが…。
バイデン米大統領が最近南アフリカに渡航歴があるほぼ全ての外国人について、30日から入国を禁止するそうです。「バイデン米大統領は、最近南アフリカに渡航歴があるほぼ全ての外国人について、30日から入国を禁止する」