新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国個人投資家によるバブルというと2015年の上海市場
の大暴騰→暴落が記憶に新しい
(6/12 5,166pt → 8/26 2,927pt へ ▲43%)

これは当時の上海市場が「個人の信用取引での鉄火場」に
完全に化していたからに他ならない
①そもそも当時の上海市場は流動株式比率が低く、さらに
 日々の取引の80%は個人投資家による売買だった
②その中で、あの手この手の(広義の)信用取引が売買に
 占める割合は20〜40%、残高が時価総額に占める割合
 も10%近くになっていた
 (流動株時価総額に占める割合はさらに高い)

翻って、香港市場は真逆の「プロ中心の市場」だが、
確かに1日売買高150億USD程度の香港市場に30億USDが
流れ込んでいる(20%)のは一定インパクトありそう
(当時の上海株並みの①80%占めると言わないまでも)

あとはやはりそれらにどれくらいレバレッジがかかって
いるかが気になるところです
(「現物で×気長に×米国に叩かれている企業を応援」
 なら穏やかだが、そうでない人もかなり多そうかと...)

※ 本業でないので、個人の所感レベルのコメントですが
数年に一度訪れる中国個人投資家による株式投資祭り。完全モメンタムトレーダーなのでマーケットのピークを付けにいく傾向が高いが、果たして今回はどうなることやら。

同一企業のH株とA株のバリュエーション格差ががどうなるかは数年来興味があるところ。以前はA株のマルチプルが下がってH株のマルチプルに収斂すると思っていたが、なかなかそうはなっていない。