新着Pick

電気自動車は損かトクか?EV購入前の疑問に答える(ダイヤモンド・オンライン)

Yahoo!ニュース
2020年は、フォルクスワーゲン、ダイムラー、アウディ、ポルシェ、プジョー、シトロエンなど主だった輸入車ブランドが軒並み電気自動車(EV)を日本市場にも投入してきた。2020年末には、自工会会長豊
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ユーザーがピュア電気自動車に乗りたいか、乗らないかは、ご自身で決めれば良いことです。日本国内にかぎって言えば、まだまだBEVはラインナップが少なく、急速充電インフラも十分でない。充電時間も長い、電池の劣化が早い、リセールが悪いなど、メリットは少ないと思います。それでもBEVを欲しければ買えば良いのです。モーター車なりの走りの面白さもあるし、補助金もつきます。

今のメーカーの態度は、仕向地ごとに政策的にピュア電気自動車を推しているところにはBEVを用意するということです。世界7,500万台市場のうち日本は450万台を占めているだけです。日本がどうだろうと世界で闘う日本メーカーはしたたかに欧米、中国で負けない戦略をとっています。

日本は自動車産業立国です。私は日本メーカーを応援しています。
アウディ(ラテン語:Audi)は、フォルクスワーゲングループに属しているドイツの自動車メーカーである。 ウィキペディア

業績

業績

ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績

フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車製造会社。傘下であるポルシェをはじめ、傘下の会社を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 ウィキペディア

業績