新着Pick

「広く、薄く」から「選択と集中」へ - 塩崎恭久

BLOGOS - 最新記事
医療崩壊が現下の最大課題としてクロースアップされている。特に、入院先調整待ちで自宅待機の間に亡くなられる方が後を絶たず、国会の代表質問でも厳しく指摘されている。原因ははっきりしている。まずは、入院先の病床が、「選択と集中」がないがゆえに、病床は十分といえる状況下での「コロナ病床不足」に陥っているのだ。従って、保健所や救急隊、医療関係者による入院調整はパンク状態。一昨日のテレビ番組で、改めて厚...
2Picks
Pick に失敗しました