新着Pick
299Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
会社を「仕事だけの場」としてみるか、「仲間と一緒に仕事する場」とみるかの差でしょうね。

もっと言えば、職場の仲間を「単なる仕事相手」と考えるか「仕事仲間」と考えるかの差と言ってもよいかもしれません。

「仲間意識」がないと雑談は生まれませんし、必要もありませんので。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人気 Picker
会議を始める前に「アイスブレイク」的な軽い会話ができると良い。
時間ギリギリに参加する人も多いが 余裕ある時は全員が参加できる話題でスタート時間を待つなどのちょっとしたことが有効。
ちょっとした会話がストレスコントロールに役立つのなら 積極的に。
少し関連性のあるネタで雑談する。

リモートで、全く関係ない雑談を無理にしようとしても辛い。ところでって、いきなり本論に切り替えるのも大変。

関連性のある話をしていて、その流れで本論に入っていくほうが効果的です。この流れでって、テンションをキープできる。

日頃から、Slackなどで関連情報を共有しておくと、シェアしたことをネタに話せますね。
テレワークのオンラインミーティング最初の1-2分はまずは雑談だけをするという入り方をする、かつカメラオンで双方の表情や反応が確認しあえるという状態を作ります。
雑談があるかないかで、その後の議論に積極的に参加するか、また発言するかが変わったと思います。
ネットワークの負荷もあるため、最後までカメラオンでなくてもいいのですが、最初だけでもカメラオンにして、残りは拍手マークやいいねボタンなど、反応を示すような形で雑談の形も話す以外の工夫もしています。
オンラインではなかった時代のミーティングのときには、もっと長くの雑談があったわけですが、そこまでの時間をとらなくても少ない限られた時間だとしても、全員参加型で雑談をする試みは割と効果的です。
社内の人と雑談は挨拶代わりになんとなくすることは場の和みになりますが、社内の人のことをもっと知りたいと思って話すとより信頼関係が生まれると思います。
シリコンバレーの1兆ドルコーチとして知られるビル・キャンベルも雑談を重視していたそうです。
「アジェンダにちゃんと雑談って書く」
これをやるだけで随分変わります。
NPも「削除されました」が大事なのかもしれませんね。
社内のストレスの一位が人間関係というニュースもあったよね。コミュニケーション不足で不調になる人にとっては良いけど、そうでないことも多そう。
雑談はコミニケーションで大きなウェイトを占めるかと思います。時にテレワークで『場の雰囲気』が読めない状況では尚更かと思っています。