新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
う〜ん、結果的には密な状態での任務になったので、仕方が無いとしかいいようがないが、議事堂占拠事件がなければ派遣されていなかっただけに、かわいそう。今後弾劾裁判を極右集団が妨害する可能性もあるため、2月いっぱいは警備を厳しくする必要があるだろう。
乱入事件があった連邦議事堂内で、密集した状態で横になり休息を取る州兵の写真もありました。突然の大量動員で宿舎確保もままならない状況だったようで、3密回避など臨むべくもない環境だったのでしょう。

州兵、議事堂でゴロリ休憩中? 襲撃で大増員→宿不足
https://digital.asahi.com/articles/ASP1H5552P1HUHBI016.html
バイデン大統領に、いきなり感染するような事態になると、かなりパニックになるなー。また民主党上院議員の平均年齢は、共和党よりも12歳も高齢であり、80歳を超える議員もいる。コロナウイルスでせっかく実現したトリプル・ブルーから「ねじれ議会」に逆戻りも十分あり得る。なにしろ、米国では大半の州(37州)で任期中に上院議員が死亡したり職務不能になると、州の知事が後任を決める。民主党の議員が死んだら、同じ民主党から後任を選ばねばならない等の制約がある州は、5から6州しかなく、共和党の知事の州であれば、死亡した民主党議員の後任に共和党の人物を任命することができる。米国の感染状況からすれば、そんな事態がいつ発生しても不思議ではない。