新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウイルスは常に変異を続けながら広がっています。日本にも日本独自の変異をしたウイルスが拡散しております。違いは感染に影響するスパイク蛋白領域に変異があったかどうかです。

イギリス変異株が発見された頃には既に日本国内にも侵入していたと考えるのが妥当だと思います。

PCR検査だけでもかなりの数が行われており、全ての検体でイギリス株かどうかを特定することは困難です。あまり変異株かどうかに執着する必要はなく、いずれにせよ封じ込めを行わなければいけません。

変異はこれからも世界中で起こり、飛行機や船の交通網を通して世界中でに拡散します。科学の発展によって便利な世の中になりましたが、それは人だけでなく、ウイルスにとっても同じ事です。
みなさん、静岡で3人いて、東京で0人とは思ってなかったですよね?
最近感染者数が落ち着いたように見えますが、感染力の強いと言われる変位種が広がってるとなれば、次の波が来るのも時間の問題ですね。
率直にこの報道はどんな必要性があるのか…と思います。
通信社によるただの事実の報道を「煽っている」と感じるのは、受け手側の意識の問題で、別に煽ってなんかいません(苦笑)。淡々と情報を消化して(こういう情報も全くなくなったら、それはそれで「隠蔽している」と騒ぐ人が出てきます。そして実際にこのような情報がきちんと開示されていること自体に意味があります)、淡々と感染防止と経済活動(生産活動と消費活動)をすれば良いだけです。
早晩、都内でも変異種が多数発見されることになると思われます。
そうなると、感染拡大が急増します。

今のうちに、飲食店以外でも対策を講じておく必要があると思います。
子供でもかかる。しかも感染率70%。
これは怖い。外に出たくない。
重大な問題です。イギリス変異株はイギリスが厳格なロックダウンをしても感染拡大が止められなかった原因とされています。また多くの人が学校などで感染拡大した後に家庭内感染したとされています。市中感染が日本で広まっている証拠です。厚労省の担当者が楽観的な理由を知りたいです。
「英国に滞在歴がない東京都居住の10歳未満の女児」から変異種が確認。変異種が子供にも感染することと市中で感染が拡大している可能性を示していると思います。
どこよりもはやく!が通信社魂であることは続いている?だなあと感じさせる記事。
通信社だから仕方ないけど、もはや伝えなくてもわかってるレベルゆえ吟味が欲しいなあ。