■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 103.66/68 1.2155/59 126.01/05

NY午後5時 103.48/53 1.2162/66 125.91/95

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安の103円後半。ドルは国内勢の売りや週末を控えた海外勢のポジション調整に押され 軟調気味に推移した。欧州中央銀行(ECB)理事会を経たユーロは堅調だったが、原油安で資源国通貨の上昇がストップするなど、各通貨はまちまちだった。

<株式市場>

日経平均 28631.45円 (125.41円安)

安値─高値   28527.16円─28698.18円

東証出来高 12億1752万株

東証売買代金 2兆3734億円

東京株式市場で日経平均は反落した。前日に終値ベースで1990年8月以来の高値を付けたことから、この日は高値警戒感から利益確定売りが優勢となった。売り一巡後はやや下げ幅を縮小したが、来週以降に本格化する企業の決算発表をにらみ、様子見ムードが広がった。

東証1部の騰落数は、値上がり694銘柄に対し、値下がりが1416銘柄、変わらずが80銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.016%

ユーロ円金先(21年6月限) 100.065 (変わらず)

安値─高値 100.060─100.065

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.016%になった。前営業日(マイナス0.018%)を上回った。「地銀の強い調達が続いたほか、週末前の3日積みでも加わった」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

<円債市場> 

国債先物・21年3月限 151.86 (-0.12)

安値─高値 151.82─151.93

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.035% (+0.005)

安値─高値 0.035─0.035%

国債先物中心限月3月限は前営業日比12銭安の151円86銭と反落して取引を終えた。日欧の金利上昇懸念が強まる中、売りが優勢な展開となった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp上昇の0.035%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 -0.01─-0.11

3年物 -0.01─-0.11

4年物 -0.01─-0.11

5年物 0.00─-0.09

7年物 0.03─-0.06

10年物 0.10─0.00