新着Pick
218Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
AppleのARの登場にかなり期待していたので残念ですが、
VRでどこまで他社と差別化できるのか楽しみです。
人気 Picker
もし本当だとしたらVR業界にとっては普及が加速する大ニュースですね。

VRヘッドセットは、技術と費用の面で難しい製品ですが、既存プレーヤーにライバルが増えることで、利用者にとって使いやすく、費用も購入しやすくなるよう進化していくでしょう。楽しみです!
2022年にAppleもVRヘッドセットをローンチとの噂。22年はPSVR2も来るだろうし、現状のOculus Quest2の売り上げも絶好調。VRが本格的な急成長期に入ってきた!
モバイルVRデバイスの課題は
・モバイル性(重さ、サイズ)
・電池持ち
・ディスプレイ解像度
であるが、これらを妥協せずにデバイス作りに成功しているメーカーはまだない。
Appleが妥協の無いデバイスを作れば値段はiPhoneを余裕で超えてくるはずだが、そうなった時に誰が買うのか?という問題もまた出てくるだろう。

追記
完全なVRというよりはAR機能も兼ね備えたものになるのでは、というのは買収したスタートアップからも言われてきた。
http://akoniaholographics.com/
あるあるだけど、日本語版は原文を省略し過ぎですね。

一旦はVRにも取り組みつつ、課題を解決出来る時期が来たら、一般向けにも買いやすい価格のAR/MRグラスの販売に繋げていくのでしょうか。
アーリーアダプター向け、VR先行でアプリストアや開発環境などのエコシステムを整えていき、AR/MRグラスの普及に向けた準備をしておきたいのかな。この報道がどこまで合っているのか分からないけど。

だだ、AppleのCEOは以前から、FacebookやGoogleに対する牽制なのか、ボジショントークなのか、VRへの否定的な発言が目立つ。
Appleのティム・クックCEOはVRについて、「現実世界から引き離された」「誰もそんな所にこもりたくない」といったコメントをしている。VRは現実世界の一部ですらない。ティム・クックCEOからすれば、VRは「現実逃避」であり、悪影響すらあると考えていて、全否定に近い。
市場規模の成長はAR/MRの方が大きいので、将来的には目指す方向はFacebookも同じですが、他社への批判的なコメントを言わずにいられないのがAppleであり、AppleのCEOなのかなと思います。他社を批判して、自社を持ち上げるのはAppleがよくやる手法。

『アップルのティム・クックCEO、「VRよりARに大きな可能性を感じる」(ABCインタビュー) - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース) -』
https://wirelesswire.jp/2016/09/56511/
『「ARはすべての人のために」アップルCEOティム・クックが語る | Mogura VR -』
https://www.moguravr.com/ar-is-for-everone-like-the-smartphone/


MacとiPadの融合にはデメリットがあると言ってたものの、MacでもAppStoreのアプリが使えるようになり、ユーザーの利便性を考えたらMac OSデバイスもタッチ対応になりそうな情勢。
お得意のという表現があっているかは分かりませんが、VR関連のコメントも肯定のための否定であり、過去の発言を忘れたかのような記憶喪失が発動するのでしょうか。
「現実世界から引き離された」「誰もそんな所にこもりたくない」といったコメントのフォローが気になります。
AppleによるVRヘッドセット開発計画ですね。

日本においては、VRを企業研修に活用しようとする取り組みも盛んになってきています。

例えば、一昨年2019年度の日本Eラーニング大賞を受賞したのは、
介護職員育成のためのVR研修でした。VRで相手目線を体感し、
危険の排除や適切な手順の習得に役立つそうです。
VR内で失敗体験を積むことで、現実で犯してはいけないミスをなくすそうですね。その他工場での安全確認実習、接客体験分野などでVR研修の導入研究が進んでいます。

VRは没入感が重要とのことですね。コンテンツ(研修教材)の作り込みにもコストが掛かりますので、このあたりがもう一段低コストで作れるようになること、またヘッドマウントディスプレイの低価格化が進むことが、VRの研修普及のカギとなるかと思います。

Appleのヘッドセットは高機能かつデザイン性に優れたものになると思いますので高価格だと思いますが、競争が激化することで市場価格が引き下がってくるといいですね。
VRヘッドセット、車と新たなハード展開の動きが見えるApple。ジョブズ後の製品展開でヒットしたものはAirpodsくらいという感じでしたが、次の時代に向けて動き出した感があります
AppleのARグラスの噂は何年も出ているのですがここにきてVR
VRメインの弊社としては嬉しいですが、どちらかというとARグラスの方が先に普及すると言われているかつ、Appleブランドの「身に着ける強さ」を考えるならApple的にはARグラスに先に手をつけるのが妥当なのかなと感じます。
アップルの弱点はハードウェアがすべて自社開発している点かもね。様々な機器がデジタル化していくと、破綻しそう。
これは気になるニュース。技術の一般化、という意味でもAppleが提供する価値は大きい。デバイスが整理され認知が進むともっと利用者も増えて普及期に入るんだけどなぁ。
アップルのVRの開発計画。拡張現実(AR)グラスよりも、高性能の仮想現実(VR)ヘッドセットを先行させる計画で早ければ2022年の発売を目指しているとのこと
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
304 兆円

業績