新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
民間予測の平均がマイナス5.5%なので、とくに意外性のある引き下げではありません。問題なのは、こうした景気下振れに対して、日銀として打つ手がほとんどないという点ではないでしょうか。
「展望レポート」で興味深かったのは、ワクチン接種等によって政府消費が増えることを指摘した点です。

定義によりGDPにとってプラス要因ですし、必要不可欠な支出ですが、家計にとっては「需要増大」の実感はないし、大半の支出が海外に流出してしまうことが考えられる点で、何ともやりきれない感もあります。
市場は、そろそろ明るみになりそうな桜井審議委員の後任の方により注目しているでしょう。
金融政策決定会合で、日銀は大規模な金融緩和策の維持を決定しました。
そりゃそうでしょう。
そんなことよりどうやって立て直すか気になる。
お金はすでにじゃぶじゃぶですし、打つ手無いよな
0.1ポイントの引き下げですし、そもそもプラスになる材料ないし。
それを所与とした金融政策が求められます
Premiumを無料で体験
登録・ログイン