新着Pick
171Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これまではスキル向上やキャリア形成目的が語られることが多かった副業解禁ですが、コロナ禍で企業も働き方を見直さざるを得ず、働き方に関する価値観も大きく変わりつつあるので、この流れはより強くなると考えられます。

スキルやキャリアは本人のものなので、基本的には自分でありたい姿を考えて行動する必要がありますが、企業側もどのような社員であってほしいのか、どんなスキルやキャリアを築いてほしいのかを示す必要があります。

双方にとってよりよい副業とするためには、それぞれの努力も不可欠です。
人気 Picker
自営業ではなく、定年が早い企業などに勤めている場合は副業をしておかないと一つの会社しか知らず、知り合いが多い馴染みのある会社などを除いて定年後に新しい環境に馴染むのが難しいと思います。まずは出向という形で転職をするも上手くいかずに戻ってくる方々も良くいると聞きます。
また、企業側としても人材開発や人件費のマネージメントという課題があると思います。そういう観点でも学校の授業の様な研修よりは現場での副業の方が従業員の能力や可能性を伸ばせると思います。また定年の際もしくは早期退職制度などによる人員削減の際にもスムーズな退職や転職に繋がると思いますのでウィンウィンではないでしょうか。
このような形で人材の流動性が促進され、やがて厳格すぎる解雇規制が撤廃・緩和されれば、日本人の働き方も変わると思います。

スキルのある人材はどこででも活躍できるようになり、社内政治にうつつを抜かしている暇がなくなる。

労働生産性は間違いなくアップすると思います。
製造業の副業解禁、素晴らしい動きだなと思い読んでいたら、最後の一文で現実に引き戻された

"社員の生産性向上を図る目的で副業を解禁したある日用品メーカーでは、深夜勤務や副業時間を制限した結果、申請者の大半がウーバーイーツの配達員を希望した"
株式会社IHI(アイ・エイチ・アイ、英:IHI Corporation)は、東京都江東区豊洲に本社を置く、重工業を主体とする日本の製造会社。三菱重工業(MHI)・川崎重工業(KHI)と共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
3,262 億円

業績