新着Pick
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今後数ヶ月以内に皆さんや皆さんの家族が、ワクチン接種を受けるかどうかの判断を行う時が来ると思います。こういった記事を参考に今から考え始めておくことをお勧めします。

ワクチンに関する報道は副反応などのデメリットが強調される傾向にありますが、そもそものワクチンの有効性について理解しておく必要があります。ファイザーやモデルナのmRNAワクチンは「95%の感染予防効果」という高い有効性を臨床試験で示しています。逆にいえば、ワクチンを受ける/受けないという選択肢を提示された場合に受けない選択肢を取ることは、受ける選択肢と比較して20倍の感染リスクを背負うことになります。

重篤な副作用としては10万人に1人の頻度でアナフィラキシーというアレルギー反応が起こることがありますが、言い方を変えれば99.999%の人は重篤な副作用はなく接種を受けることができるということにもなります。

ワクチンに関しては、しばしばデマや科学的根拠がない情報が飛び交います。ワクチン不信により接種率が低下し、感染流行が起き、深刻な公衆衛生上の問題を引き起こした事例は、歴史を見ると枚挙に暇がありません。不正確な情報に惑わされず、メリット・デメリットを天秤にかけた上で冷静に判断して頂きたいと思います。
忽那先生による、新型コロナワクチンの詳細な解説。

忽那先生の記事は、コロナ禍のなかで、まさに『情報のワクチン』として機能していると思います。

>生きたウイルスはワクチンの中には入っておらず、また遺伝情報を体内に接種すると言っても、それによって人間の遺伝子の情報に変化が加わることもありません。

大事ですね。
こういった当たり前のことを丁寧に繰り返し、発信していく必要があります。
現時点でわかっていることがものすごくわかりやすくまとまっています。
こういう内容をメディアも発信して頂けるといいですね。

感染者と接触するリスクの高い医療従事者から接種がはじまることについて『医療従事者でまず副反応の有無を観察しようとしている、自分は接種を希望しない』といった声をテレビで紹介していましたが、もちろん情報統制はダメですけど、あえてそういうネガティブな意見だけ取り上げなくても、とは思います。
すでにワクチン忌避の報道もあるなかで、正しいことを言うだけでなく伝え方が大事になってきますよね。コロナ以前にWHOが10の脅威に挙げてから2年ほど?経ちますがコロナも同様な感じですからね。

「ぱねぇ効果」笑。
自分もデータを見たとき「本当か?」と思うぐらいの効果ですよね。越えるべき壁はまだまだたくさんあるとは思いますがなんとか良い方向に向かってほしいものです。
やはり現時点では、ワクチンを接種しても感染の媒体になり得るので、ワクチンがいきわたるまでの期間、今と同様の、感染防止行動をとり続ける必要があるのですね。

これは、国民に広く正しい理解をさせるようプロモーションが必要不可欠ですね。今後楽観的な間違った情報が飛び交い、ワクチン接種者の安易な行動が目立ってくる可能性が高いと懸念します。

メディアはしつこいくらい正しい情報を展開するよう努力していただきたいものです。
わかりやすく、知りたい事が網羅されている。
これは医学の専門家でないからこそわかること。
Twitterであればおもわず拡散したいです。
後でじっくりと読みたい。
これは良い記事

ワクチンに関してはマスコミの記事は嘘が多いので読まないように