新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
だから前から言ってるじゃん
こんなわかりやすい利益相反は無い

そんな輩の話を間に受けるガースーはいったい誰の為に政治をしているのか
話にならん

この逃げ足の速さが超一流
『今回、改めて取材を申し込んだ1月18日に、経産省参与を辞任した。』
コンプライアンスのセンスを持ち合わせていたら、絶対にしない兼務です。
これは酷い…
経済産業省も、会社法に絡んで企業統治に関してレポートを出して来ますが、自分達の襟元をまず正せです。

しかも、テスラからストックオプションまで貰っているし。

菅首相、きちんとバランスを確認しないと!
この二ヶ月でこの方を見る目が180°変わってしまった!汗

経産省参与辞めちゃったらEVテコ入れのためだけだったという誹りも免れないような。テスラ取締役のまま国連特使として今度は世界にEV勧めていくんですかね…。株価もっと上がるもんね…。

(追記)
利益相反は気になるけど、正直そこの評価って本来雇う側が考えることですよね。国連や政府が本人の美意識に期待するのも違うような。テスラ取締役と経産省参与に着いたタイミングは確かにキナ臭いけど、真実は本人にしかわからない。今後国連での活躍ぶりを注視したい。

正直ちょっと裏切られたような気持ちで書き殴った反省を込めて。
オプションは行使できるときが訪れなければただの含み益。億万長者が翌日一文無しへ気泡と化すことは2000年のインターネットバブルでも、2008年の不動産バブルでも多くが経験した。さて、今回のBEVバブルはどうでるか?!
水野さんを擁護するわけじゃないけど、SDGsに取り組む姿勢はアセットオーナー時代から一環しているし、本人的にはそれ以上でも以下でめないのではないかな。
。。。



今頃?
利益相反になりそうだなとは思っていましたが、かといって今から日本だけ脱ガソリンやEVを手放したら、まず間違いなく世界から取り残されると思います。

豊田章男社長が語ったように、550万人もいる自動車関係の雇用を守りたいのはわかります。現在、自動車関係のお仕事をされている方が脱ガソリンやEVを否定したい気持ちもポジションもわかります。

とはいえ、消費者が期待するCASEの大きな流れの中の一つであり、欧州の産業牽引の名目の大目標である上、肝となる電池やその素材は中国の躍進目覚ましく、自動車メーカーで最も株価が高いのはアメリカのテスラです。

この状況では、これまでの日本がどうだったかはともかく脱ガソリンとEV化は避けられません。大事なのは、それを前提とした時にどうやって儲けるか・雇用を作り出すか、だと思います。。
なんと、18日に参与を辞任とは。
理由があろうがなかろうがやってはならないことです。
水野氏が経産省の参与に就任したのは昨年5月

菅政権が「脱ガソリン車」に舵を切ったのは「水野氏の影響が大きかった」とさる経済ジャーナリストは言う

思い返せば菅総理は総裁選の際には「脱炭素」にはほとんど触れていなかった
時価総額
71.7 兆円

業績