新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイトダンスぐらいの規模になると決済サービスを自社で手掛ける意味がでてきますよね。これだけトラフィックがあるサービスを数多く手掛けているので今後BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)との戦いはより激化してくると思われます。
規模が半端ない。。

でも、自由競争ではなくいずれ大きくなると
粛正みたいな制限(召し上げ?)があると思うと
少し怖い気がしますね。。でも、凄いですね。
アリペイで働いていた時、中国のエンジニアやビジネス側の人間と話をすると口を揃えてこの記事の最後のWeChatのお年玉キャンペーンを苦い思い出として話してくれました。まさに一夜にして形勢逆転されたわけですが、春節の紅包を活用した施策をなぜ先に打ち出せなかったのかという後悔の念でした。

バイトダンスは想像を超える大企業へと成長しましたが、決済で存在感を出すにはまだ時間がかかるでしょう。アリペイの牙城とお年玉キャンペーンの本家本元のWeChatも対抗策を打ってくることは間違いない。ばらまきではない新たな策で勝負するのであればその策自体に注目したいですね。
バイトダンスも決済サービスリリース。
しかし、ピンドォドォが過労死疑惑で春節特番のパートナーを下ろされるのは、中国でも労働問題が注目されているということで興味深い動きです。BATが独禁法の影響が大きければ、バイトダンスの成長が加速する可能性も出てくるかもしれません。