新着Pick
956Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「マインドフルネス」は米国では随分前から浸透していて、日本では全くという印象です。前職の米系企業でも幹部向け教育の中にも取り入れられていましたし、業務や生活に取り入れるためのトレーニングなようなものも受けたことがあります。

それだけマインドフルであり続けることが、意思決定やパフォーマンスに影響するからということですが、労働力としてではなく重要な意思決定をする機会が多い人にこそ、マインドフルでいることが重要だからだと思います。

一方、そういう立場の人ほど、多くの情報と多くの業務、多大なる責任に埋もれるわけで、マインドフルでいることが難しくなる。

個人的にはアプリに頼る必要があるのかはまだ疑問です。そもそもスマホ自体がマインドフルであることを妨げる存在でもあるからです。一方で、定期的に自分の意識にインターラプトして強制的に「時間を確保」するために通知してくれる存在と位置付ければ相性は良いとも思います。

スマホの電源やSNSのアカウントを毎日一定時間に強制終了(OFF)させる機能が一番強力な「マインドフルネス」のアプリかもしれませんね(笑)
コロナ禍で急進した産業として、先週はペット産業(https://newspicks.com/news/5532850)についてお届けしましたが、今週は「マインドフルネス」について。Quartzの英語版の特集「The business of mindfulness」から目的別に注目のアプリを紹介します。

昨年の大統領選では、本記事でも登場する「Calm」が、CNNの大統領選の結果を伝える「Key Race Alert」をスポンサーしていたことも、話題になりました。
(Quartz Japan「Society:いま「マストハブ」なアプリ」👉https://qz.com/emails/quartz-japan/1939232/

Z世代で広がる鬱のカルチャー化もその勢いに拍車をかけています。不安定な若者の精神を描き話題になったHBOのドラマシリーズ「ユーフォリア」は、ちょうど昨日からシーズン2が開始し、今回はビリー・アイリッシュが楽曲提供しているのが象徴的です。

また、今やマインドフルネスは、あらゆる領域に進出しており、今週木曜日のQuartz Japanのニュースレターでは、本特集から、続々とマインドフルネスに参入する自動車産業に迫った内容をお届けする予定です。

Quartz Japanでは、平日朝夕と日曜日にニュースレターという形でコンテンツをお届けしています。もちろん、この特集を含むQuartz英語版の記事もすべて読み放題です。ぜひ、7日間のフリートライアルでお試しください!

登録はこちらから👉https://qz.com/japan/
Calmはダウンロードしてみたのですがね。
スマホを使う時点で、マインドフルネス感がなくなるのですよね。
マインドフルネス脳になりそうというか。
マインドフルネスは、アメリカで広がってますよね。日本でも昨年からマインドフルネスに関する本はでてきてます。ただまだ初期のヨガみたいな感じなのか、少し怪しさがある空気があります笑
僕自身、アプリは使ってないですが毎週早朝にお寺で座禅をしています!最初数回は効果を感じないのですが、途中からいかに自分の心がたくさんの思考に埋め尽くされているかを感じることができました。オフにすべき思考を意識的に「オフ」にし、「今」やるべこきことに全力で集中することが、マインドフルネスの大切な考えの一つかなと理解してます。アプリも良さそうですね!使ってみます!
Headspaceは母校ジュリアードからsubscriptionを貰ったので使い始めました。とにかくUIのデザインが可愛くて、夜お風呂上がりのストレッチに使ってます。

部屋の灯りをダウンライトにしてストレッチしながらストーリーテラーモードや環境音(種類がめちゃくちゃ豊富)を流すことで、目はチカチカする画面から休まり、でも完全なる静寂ではなく脳と耳は癒される。睡眠の質が上がります。

ただ、そこまで投資したくない人、マインドフルネスに思い入れがない人はSpotifyのメディテーション系プレイリストから始めるのでも全然良いと思います。
マインドフルネス…長期化する新型コロナウィルス禍のもとでの生活には、とても大事ですよね。

私見ですが、ふたつコメントします。

1.日本人には米国のアプリより日本のアプリが良い

英語がネイティブ並に大丈夫の人を除き、日本語のアプリをオススメします。
たぶん脳と言語、文化の相性だとは思いますが、私の場合、英語のアプリより、日本語のアプリの方が相性が格段に良いです。

2.無償のものより有償のものが良い

良いコンテンツや良いコーチの指導が効果的ですが、当然ですが、それらはコストがかかるため、有償のアプリになります。この投資に消極的になってしまうと、あまり効果は得られません。

ということで、残念ですが、Quartz記事の引用は、米国在住の方や英語や英語文化に堪能な方以外は、あまり参考にならないと思います。

News Picksオリジナルで、日本のマインドフルネスアプリの紹介を別途企画いただければ、とてもうれしいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Googleが社内研修にマインドフルネスを取り入れたことで、数年前から企業研修でマインドフルネスを導入するのがいいのではという話題が増えました。
日本企業においては、実際にマインドフルネスを直接的に企業研修に取り入れることは少ないという印象です。日本ではマインドフルネスの概念の浸透がまだあまりないのかもしれません(当社がマーケットを追い切れていないだけかもしれませんが・・・)。
ただ心を落ち着かせたい。スマホアプリでそれが実現できるでしょうか。スマホ脳になってしまいそう。
Headspace は会社の福利厚生で利用中。Life Dojoも。
寝る前に向かうのが効果的ですね。
日本でマインドフルネスやウェルビーイングの考えを取り入れようとする企業は、だいぶ考え方の進んだ企業です。

生活や仕事のバランスと健全な精神を整えるには、まず環境を整えるところからだと思います。

継続していく補助的役割として、こういったアプリが使えると効果的ですね。