新着Pick

トヨタの仏合弁、パリで水素タクシー1万台目指す-24年五輪までに

Bloomberg
トヨタ自動車とフランスの産業ガス会社エア・リキードなどが出資する仏合弁会社は、パリのタクシー運転手を対象に水素を燃料とする燃料電池車(FCV)への乗り換えを後押しする。パリで夏季オリンピックが開かれる2024年までに、1万台を導入させたい考えだ。
93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新型ミライは生産台数目標を旧型の10倍にするなど、本気度が違います。

水素ステーションが限られているFCVは、移動距離や移動範囲が管理しやすい、物流や公共交通機関に向いている。
パリ市内のタクシーなら、数日〜週に1回の水素充填で十分管理できるので、理想的。

海外では、カリフォルニアに次いで、フランスでも。
トヨタの本気度が感じられる話だが、日本のタクシーは当面ハイブリッドですかね?
確かに、地方からパリに行くと、空気が悪いと感じる。実際、時として光化学スモッグ警報が出ることがある。そうした際は、3.8ユーロでパリ近郊(Ile-de-France)公共交通乗り放題1日券が発売され、車の利用を控えるよう促される。
すばらしい着眼点だと思います。私と同じ古い年代だと、以前は、LPG(液化天然ガス)タクシーも多く走っていたことを覚えていますよね。

水素は液化までは無理ですが、走行距離の問題さえ解決されれば、運行としては、タクシーであれば、自家用車より適していると思います。

水素燃料のクルマは、運行パターンがある程度規定できる、公共交通機関か、それに準じたものへの適用との相性が良いと思います。
個人的には、EVよりもFCVだと思っている。

年内に、ディーゼルエンジン車600台をFCVに代えるとは、従来、言われていた生産コストと水素供給ステーションの問題は解決のメドがたったのだろうか?

FCVが実用化されれば、EVは無用になる、
斎藤陽さんがおっしゃるようによく見かけます、トヨタ車🚙

私がお世話になった自動車学校は、全車トヨタでした🇯🇵
高価な車両価格がペイできるか

MIRAIは今の価格でも赤字かと思うのだが
トヨタ自動車とフランスの産業ガス会社エア・リキードなどが出資する仏合弁会社「ハイセットコー」が計画実現に向けて8000万ユーロ(約100億円)を調達したと発表しているそうです
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.8 兆円

業績

業績