新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
論点満載の公聴会でしたが、「強いドル」という建前の口上も使いませんでした。「強いドルは国益」と言いつつドル安は悠然と無視するというビナイン・ネグレクトが如何にも炸裂しそうな現状に対して、建前口上も使わないとすると・・・市場参加者は訝しがる向きも出てきそうです。いずれせよ、その場合のターゲットは中国であって日本ではないという認識で良さそうではありますが。
バイデン政権がMMT採用かなんて報道もありますが、少なくともイエレン財務長官はMMT支持してませんので、バイデン政権がMMT採用とまでは言えないでしょう。
極めて真っ当


イエレン氏は、経済格差の是正や気候変動対策、中国の不公正な通商慣行への対応などに積極的に取り組むより強力な財務省の構想を打ち出した。

企業や富裕層への増税については、バイデン氏が掲げる野心的なインフラ投資計画や、米経済の競争力向上に向けた研究開発、職業訓練の財源を確保するためいずれ必要になるものの、当面は新型コロナの抑制と経済の回復が優先されるとした。
イエレン次期財務長官は、大型財政の必要性を、コストよりベネフィットが上回ると説明した。また増税には慎重な姿勢を示すなど、相変わらずマーケットフレンドリーだった。また、中国に対して人権問題で批判するなど、これまでのFRB議長時代には見せなかった政治的な側面も垣間見せた。
「債務拡大につながっても恩恵は代償を上回る」(イエレン氏)
今の難局に際してはこれに尽きると思います