新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ひとまず現時点で宣伝効果はあるか

実際にはやらんでしょう
なぜリーフのタクシーが無くなったのか
それが解決してないのだから

タクシーは日勤の場合走行距離270kmが上限
大抵は200km走りたい
リーフはカタログ上322km(WLTC)の走行可能距離だが、客待ちエアコンかけてると1日持つかどうか

で、毎日放電深度100%に近い状況で充電なら、劣化は急速に進む
そう、毎日完全放電して充電するような営業車には、リチウムイオンバッテリーは辛いのだ

初代の24kWhよりは40kWhと容量アップしてはいるが

ご参考
https://www.webcg.net/articles/-/29413?

〈追記〉
仮にタクシーで使うならカタログ上458km(WLTC)走れるe+かなぁ。万が一でも1日の営業中充電は避けたい。

初代リーフは1日持たないから急速充電繰り返して劣化激しかったわけだし、客乗せて充電はあり得ないから長距離客は断るしか無かった。
それよりはずっといいだろうとは思う。

現行リーフe+は安いXグレードで441万円。

ジャパンタクシーは上級グレードで356万円。カタログ上満タン走行距離は873km(WLTC)。
リーフて、タクシー用に開発されたか?

MKタクシーが、タクシーと一般の乗用車との違いが大きいことを知らないはずがないのに、タクシー用途ではない車をなぜ採用したのだろう。一種のパフォーマンスか。

走行距離だけでなく、バッテリー問題(充電時間、充電場所、大雪などでの渋滞)、電磁波障害、など解決すべき問題は多いはずだ。

数台程度なら、なんとか対応できても、数百台となると、現状では難しいだろう。

日産は、どう言ってるのだろう?
できないとは言えないのでノートコメントか?
無理なタクシー用途で、リーフの評判が落ちるかもしれない。
JPN TAXIではなく、EVを選択していくということ。リーフになることでタクシーの居住空間をどのように感じられるか?というところはありそうです。
すばらしい取り組み!ガソリン車かEV車だったら迷わずEVを選びます。タクシーもSDGsを意識して、EVや再生エネルギーの導入が進みそう。