新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国当局が、過剰債務の調整よりも、企業金融の維持に重点をシフトさせつつあることを窺わせる記事だと思います。

中国の場合、今後も相応の経済成長が見込まれるので、少なくともマクロ的には、企業債務の残高を横ばいに維持するだけでも、GDP比で見た債務残高は低下するので、ストレスが低下していると主張することができます。

加えて、消費ないしサービス産業だけでは、マクロ経済の安定に必要な生産性の向上を確保し得ないと考え始めた可能性もあります。

これらの点で、マクロ経済運営のここ数年の方針に変化が生じたのかどうかに注目する必要があります。
財政の崖、はリーマンショック後と全く同じ言葉であり、状況も全く同じですね。同時はトロントG20で財政再建計画を作りました。しかし今回はそのようなことはなく、むしろ正反対の政策サポート維持が共通認識になっています。第一の目的が人命救助ですから、崖の心配は当時よりはかなり小さいと思いますね。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン