新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Microsoftにクレジットカード(番号)を預けて、Azureクラウド内で 想定しきれない処理、自動処理で 課金されるサービスを活用してます。

日常の商取引と異なるのは、クレジットカードからいくら引かれるのか完全に把握できない、それでも Microsoftの仕組みを信頼して、任せられる点です。

IoTデバイスが複雑に集まるM2Mでも、前もって預けてある大勢のクレジットで勝手に課金するので、Azureの様なクラウド・サブスクリプションシステムと イメージは同様かもしれません。

共通するキーワードは「信頼できるか」

①取引実績が確かなものか。不正が紛れてないか
②機械が有機的に絡み合った系統全体は、SLAやコストパフォーマンスにおいて納得できるか、例外検知や上限設定で急に止めても、ペナルティなく、即座に課金ゼロの状態に遷移できるか

この記事で注目してる①の取り組みは 大変重要で価値があります。この先 デジタル通貨主流になっても、必要なスコープだと思います。

しかし、ユーザー目線では、①だけでなく②までガバナンス効いてるかが切実になりますので、今後は ②の領域で素晴らしい規格やアーキテクチャが生まれて来るのかもしれません。

JCBの保険機能が②まで適用されるか分かりませんが、いずれにしても、様々な技術・ビジネスは一層求められると思います。ICTは今後も盛んですね。

#IoTデバイス認証に携わるIoT Hubが一層重要
#セキュリティで即座に反応できる設計・運用
#動的な不正探索