新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
簡単に言えば、amazonがAlexaで「ナイトライダー」の「キット」を実現したようなものです。

本文を読むより、以下の動画を観た方が、この価値を直感的に理解できますね。

Alexa Custom Assistant
https://www.youtube.com/watch?v=tmuGQjZcn2w&feature=emb_logo

はっきり言って、自分も欲しいです。

使いこなすことができれば、すばらしいシステムのように見えますよね。
しかも、とても自然なユースケースシナリオです。

最初に、こういった動画を作って、それを実現するような開発手法を学ぶことができる事例です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazonは車載分野で、Google (Android Auto)とApple (Carplay)に大きく水をあけられています。どちらも自社のスマートフォンを使っているのがポイントです。

運転中の危険を排除するために、どちらのプラットフォームも運転中操作できることを大きく制限しており、自社のボイスコマンド以外は使えないようになっているため、AmazonとしてはAlexaをどうやって車載分野に浸透させるかがカギになっています。

スマホ自体を持っていないAmazonは明らかに劣勢。そのため、車載専用デバイスを発売したり(Echo Auto)、ナビにAlexaを搭載してもらうような取り組みをしていますが、メーカー純正ナビにもAlexaを搭載しやすくするため、APIを開放したと考えられます。
これまでも各社のAIサービスやAPIをうまく使い分ける目的でAIオーケストレーション機能が重要という話は出ていましたが、ますますAIオーケストレーション機能の重要性が増していきそうですね。
弊社でも、AIオーケストレーションのサービスであるAI HUBプラットフォームを展開していますので、ご興味あれば下記ご参照ください
https://www.accenture.com/jp-ja/services/applied-intelligence/ai-hub-platform
独自のアシスタントができないことをAlexaと連携してできるようにするイメージですね。
独自のアシスタントにAlexa相当のことができるように開発するのは高コストすぎるので、このような連携ができるようにするのは非常に良いと思います。

Alexaと他のAIが内側で会話してどっちが何やるか決めてると思うと人間的に思えて面白いですね。
GAFA同士の競争も厳しいですね。こうしたデジタルテクノロジーの融合が進むと自動車に限らずモノづくりのスマート化が加速しそう。いろいろチャンスも見えてくる。早い者勝ち。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
184 兆円

業績