新着Pick
841Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(音部さんのブランド論が毎度素晴らしいは周知の事実なのであえて別軸で、、)ビジネスマンをモデルに使うキャンペーンって良いですよね。特に高級品は、赤の他人の外国人モデルよりも、自分の憧れのキャリアの人が持っているイメージの方が、断然親和性が高そうです。
音部さんのロジカルなブランド論は明快で心地よい。

今回は特に、「マーケティングやブランディングは、今の市場や消費者だけではなく、未来を見ないといけない。自分たちは、どんな未来をつくりたいのかを考えないといけません。」というメッセージに共感。

現在の商品のベネフィットではなく、その商品で果たそうとする企業やデザイナーの想いにこそブランドの魂が宿る。企業のパーパスが注目される所以でありESG経営にも繋がる。消費者は未来を買うということかもしれない。
音部さん、アストロンが似合いそうだな。Anyways...
Sponsoredの記事で音部さんのような方が正面切って商品ブランド(アストロン)を語る。内容が本質的だから、僕が言うのも何だけど、広告臭がない。マーケティングは市場に新しいスペースを作る行為、という捉え方・・・チョット考えさせられました。
デリバリーのサイクルが早いプロダクトであれば「今の市場」にニーズを聞けば確実なマーケットインが取れる当たり前だけれども、デリバリーサイクルに時間のかかるプロダクトに関してはむしろ今のニーズが「普遍なのか」もしくは「変容するか」を見極めないと無駄になってしまう。
ニーズの変容を読むのは難しい。ただ、ニーズ自体は恐らく根源的に何も変わっておらず「背景」と「手段」が変わり続けてるだけだと思う。
「周りから認められたいニーズ」は恐らく遥か昔から存在していて、「優位に立ちたいニーズ」も遥か昔からあるはず。
どちらも時代背景でニーズの叶え方が違うだけ。
昔は農作物を生産していたら周りから認められたのかもしれないし、昔は土地を持っていたら優位に立てたのかも知れないし。
方法論が変わり続けていくだけだと思う。
音部さん似合いますね!