新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LTVを求めることは化粧品やファッションなどのリピートビジネスでは最も重要なテーマです。航空会社等も重要視してますよね。
ただこのLTVは単独で測るとお客様を単なる利益の源泉とした数字ありきのものになってしまいます。同時に顧客満足度との相関、お客様のQOL向上などとともに測らないと企業の価値にはつながりません。
お客様との関係の質をいかに高めるかはブランドの大きなテーマ。
最近はLTV+NPS(推奨度)を掛け合わせたりしてますよね。
言葉の意味解説も良いんだけど、本質は「商売の基本は、本当に満足していただける価値あるものを提供することで、ずっと使い続けていただくこと」を理解する、ということではないでしょうか。
なぜ突然今更LTVの話が?笑 
ネット広告は昔は刈り取り型とされ、とにかく一件あたりの獲得コスト重視で費用対効果を見られてきましたが、もう今はLTVやROASでシミュレーションするのが当たり前になってきてるので、アフィリエイト辺りの問題が刺されるようになって健全化は進んでいるように思いますが、一方でCRMがまた複雑化してきていてツールを使う事が目的みたいになってきててなかなか難しい世界ですねぇ。。
とても大事な指標ではありますし、
調査を担当してると必須のテーマです。

ですが、LTVを追う企業のLTVは低いです。
真摯に顧客の事を考えている企業は自ずとLTVは高いです。
LTV=Life Time Value…サブスクリプション型には必須の用語なので、覚えておきましょう。

(以下、記事中から引用)
1.「LTV=1顧客の年間取引額×収益率×1顧客の継続年数」
2.「LTV=全顧客の平均購入単価×平均購入回数」
3.「LTV=(売上高-売上原価)÷購入者数」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ミュージックビデオや最新ランキングを流す専門局の新しいヤツかと思ってた。(違