新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一般的にBumbleは「出会い系」とカテゴリー化されるため、どうしても日本ではバイアスがかかってしまっている感が否めず、ビジネス的な観点での議論がなかなか盛り上がりにくい印象。そこに少し切り込みます。

2019年10月にSFOで行われたDisruptにてBumble はBumble Bizzというビジネスマッチングのサービス構想を発表し、私もそれを現地で聞くことが出来ました。
(YouTubeやOtterで同イベントの全ての講演は無料視聴できるはずです)

このプラットフォームの最大の魅力は女性ユーザーだと思います。創業ストーリーは、キャリア追求する女性と恋愛両立の社会的壁と呼べるものへの挑戦で、そこに共感して利用するビジネスウーマンがユーザー基盤。
このユーザ層がいわゆる「出会い系」と全く異なる点に注目する必要がありますし、投資家はここに着目しています。

社会的な環境という意味では、欧米は女性のビジネスにおける地位向上に国を挙げて取り組んでおり、トレンドやニーズという観点でBumbleは良いポジションを築きつつある印象。

これまで「正統派」とは見られなかったオンラインでの出会いも、コロナのこの状況によりニーズは高まり、徐々に市民権も得つつあります。追い風。

恋愛もビジネスも初期のマッチングスクリーニング後の意思決定プロセスが比較的長いため、この入り口を押さえているBumble や Tinderのようなアプリ勢の挑戦は、この意思決定を理解した上で初期のマッチングAIのアルゴリズムに組み込むことになります。
それを踏まえると、Bumble は単なるマッチングから先の、様々な女性のビジネス支援事業に乗り出すことが予想されます。そのための資金や社会的信用のためのIPOと個人的には捉えています。

時勢をうまく捉えているBumble。
あまり日本では認知されてなくても、世界で一気にブレイクする予感です。
ついにBumbleが株式公開を申請したとのこと。
IPOについては昨秋下記にて報じられていました。
【女性ファーストの出会い系アプリBumbleがIPOへ、企業価値80億ドル視野に】
https://newspicks.com/news/5200034
Bumbleではマッチングした後、女性からのみメッセージを送ルことができるのが大きな特徴。
https://bumble.com/date

Tinderの創業チームにいたというBumbleのCEOは、セクハラと差別を理由にTinderを提訴していますが、その後ライバルとなる本マッチングアプリを立ち上げてIPOまで行うというのはとても興味深いお話です。

業績