新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ピュア電気自動車、自動運転車の分野では、新規参入の狼煙が多数上がっています。クルマメーカーはその下請けに回る。こうした判断をするメーカーも出てくることでしょう。
一方で世界年間7500万台販売が先で1億台まで増えるとして、ピュア電気自動車の割合はどのように拡大していくのか。こうした情勢を睨みながら、既存の自動車メーカーは自社の生き残りをかけて得意分野を醸成していくことが求められます。
タイトルは、「IT大手が秩序崩す」というより「EVが秩序崩す」と謳った方が正確かも。動力源がエンジンからモーターになることで車のエレクトロニクス化とIT化が一挙に進み、自動車産業に大きな構造改革の波が押し寄せている。
IT化された自動車は一種の情報端末であり、ネットワークを通じて様々なものとコネクトされ、全く新しい産業との融合が進展するだろう。ただ、快適なドライビングや安全技術など、自動車産業が蓄積してきたモビリティという空間移動の経験やノウハウは簡単に真似できないはず。自動車メーカーのイノベーションに期待したい。
コタツ記…