新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランプ政権は3年前の2018年2月、「核態勢見直し」を発表して以来、一貫して「米国、同盟国、パートナー国を守ることが最優先課題。長期目標は核兵器廃絶だが、世界から核兵器が除去されるときが来るまでは、安全で安心できる近代的、柔軟かつ弾力性のある核能力を米国が有する」という政策を追求し、臨海前核実験を実施してきた。核と非核の両方を使えるものにしておくことで抑止力は高まるという発想。この立場はバイデン政権でも変わらないだろう。
一方で核兵器禁止条約が発効し、他方でそんなことは関係なく「使える核」を模索するアメリカ。これはトランプ政権だけの考え方ではない。
アメリカが去年11月に核爆発を伴わない臨界前核実験を行っていたそうです。NNSAが、NHKの取材に答えたそうです・
私もトランプがどうこうというよりアメリカとしての考え方がにじみ出ている行動だと思います。そして記事中にある通り、日本政府には何らか行動に出て欲しいですし、また会議への出席など行動で意思表示して欲しいと願うばかりです。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア