新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
先日打ち合わせたハードウエアの社長が、大手航空会社の社長、役員と話した今後の航空会社の見解を教えてくれた。
話によるとコロナが落ち着くまで、あと3年かかるとのこと。
2021年にワクチン接種、2022年にワクチン接種の反応を観察し、2023年に徐々にリスタート、本格的には2024年から。
まだまだ先は長そうだ。
人気 Picker
問題は21年、今年の航空旅客ですね。
去年は今までの蓄積で何とか乗り切った会社も、今の状態が今年後半まで続くと厳しい所が多いと思います。
元通りになるのは期待できませんが今年は今までの7割から8割に戻ってほしいです。
2021年の状況について、ICAOは最も楽観的なシナリオで旅客数は2021年6月までに2019年の71%(国際線53%、国内線84%)の水準まで回復と予想、悲観的なシナリオだと49%までしか回復しないと見ています。

私も2020年はほぼフライトなしでした。今の感じだと、私の2021年の航空機利用率は2019年比で20%ぐらいに止まりそうで、ICAOの悲観シナリオ以下です。

ICAOのリリースはこちらです。
https://www.icao.int/Newsroom/Pages/2020-passenger-totals-drop-60-percent-as-COVID19-assault-on-international-mobility-continues.aspx
Flightradarを見ていると、昨年の春頃はいつもは世界の空を覆い尽くしていた飛行機がまばらになり航空業界への打撃をまさに見せつけられました。アジア太平洋地域への減収が多いようです

ICAOのリポートは下記です。
https://www.icao.int/Newsroom/Pages/2020-passenger-totals-drop-60-percent-as-COVID19-assault-on-international-mobility-continues.aspx
IATAの予測では、
2019年水準まで回復するのは2024年と言われてます。
まず国内、近距離から。