新着Pick
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは、予想される近い将来のために必要な準備ではないかと思います。

「陰性証明書」が当たり前のように普及しつつある現在ですが、感染流行が進めば進むほど必要とされる一方、「陰性証明」の的中率がますます低下するという矛盾を抱えた「証明書」となっています。

もちろんまだそれを支持するデータは必ずしも十分揃っていない状況ではありますが、今後「ワクチン接種証明書」が陰性証明書の立ち位置にとって代わる可能性があると考えられます。

この「ワクチン・パスポート」の考え方は、既に先進諸国で広がりつつあり、感染伝播の減少などのアウトカムが研究結果として出揃えば、普及する可能性は十分あると考えます。
これか

https://healthwallet.cards/

で、これはW3C Verifiable Credentials ベース

https://lastrust.io/2020/05/25/whatisverifiable-credentials/
Covid-19が風邪の延長線上のウイルスである以上、天然痘のように地上から無くすことは非現実的です。
だとすると共存する必要がありますが、この1年間の顛末を見ていると、重症化をインフルエンザ並に減らすこと、罹患しても風邪程度の症状で治まること、後遺症が出ないことの3つがクリア出来れば、医療機関への負担が少なくともインフルエンザ並みになり、通常の経済活動(→海外旅行も含む→観光立国には海外旅行も必要不可欠)が可能だと考えます。

少なくとも、ワクチンは後遺症以外にはかなりの効果があります。症状が軽く済めば後遺症の確率はある程度下がるでしょうし、後遺症が適切な治療で回避出来れば、かなり安心出来ます。

となると、デジタルなワクチン済証明書は必須になりますね。

気になるのは、ロシアや中国のワクチンのようにその国か従属国でしか事実上使われないワクチンに対するスタンスです。

これが排除されると、否応なしに新しい東西分裂社会が復活するのでは?と危惧します。
日本オラクル株式会社(にほんオラクル、英語: Oracle Corporation Japan)は、米国企業オラクルコーポレーション (Oracle Corporation) (1977年設立)が、1985年に日本で設立した法人である。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
1.44 兆円

業績