新着Pick
348Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
部下が育たなくなります。

上司は、確かに部下より経験と知識があるので、わかることがたくさんあります。

しかし、上司が正論を押し付けたりすると、部下が考えるのをやめてしまいます。考えても無駄なので。

さらに、正論だと思っていることも、過去のことだったりする。上司自身も、新しい考えを知る機会を失います。

耳を傾けることにより、自分の思考力も高まり、柔軟に成長することもできます。

上司であることの存在感を示すためだけに、ロジハラしているような人は論外です。
昨年のHRアワードを受賞した「他者と働く」を読みましょう。

正論は正論でよいのですが、相手のナラティブを無視した正論は反発を生みやす。相手のナラティブについて、理解する努力をすることが大事だと思います。

あとはアメリカの議会で必読書にもなっている「話す技術・聞く技術」もおすすめ。
"正しいこと"を理路整然に説明することは重要ではない。相手も、頭では分かっているからだ。分かっている、分かっているつもり…も含めて、理解していても、出来ないことの方が多い。"ワカル"と"デキル"の差は、デキル人が想定するレベルよりも遥かに"乖離"があることを認識したい。この点を抑えるだけで、相手へのフィードバックは格段に改善される。「何で出来ないの?」と感じても、何が原因で"出来ない状態"になっているか自己分析が出来ない人に対して、明瞭的に言語化されていないアドバイスは混乱を招くだけである。相手の目線に合わせて、相手が受け容れられる状態を確認しながらの対話を意識したいですね。
上司は、仕事を安定させ、説明できるようにし、損失をださないようにし、管理できるようにすることを求めます。しかし、予測不能な時代には、これはすべて不可能です。むしろ大事なのは、先が見えなくとも、道があることを信じて、前進し、うまく行かないことに向き合い、ポジティブなストーリーを創れることです。このようなことを堂々と上司が部下に伝えられる世の中にしたいと思います。
 記事の後半のロジカルシンキングは、ちょっと違うと思いました。論理は常に後付けです。常に直感が先にあります。なぜそう思うのか、と聞かれたら、直感です、というのが正直な答なのです。そのような正直さが認められる組織であるべきです。
ロジックが悪いんじゃなくて、相手を追い込む結論を導く一見否定し難い前提がおかしいでしょ つまりジャスティスハラスメント

どんな前提からでも、うまく組み合わせれば、真逆の結論にだってたどり着ける

三回左折すれば右に行ける
読んで感じたのは、昔の自分は、こんな感じだったかも…と反省しきりの記事です。

正論そのものは問題ないが、問題なのは価値観の押し付け…そうですよね、人それぞれ前提が違うので、何が正しいかは、前提によります。

最近は、少し、そういったことに気づくようになったのですが、これまで一緒に仕事をしてきたチームのメンバーにはお詫びしたいです。

お恥ずかしい自己反省のコメントでした。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません