新着Pick
266Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Netflixのアニメ戦略は5年前の日本ローンチ時に『シドニアの騎士』を世界独占配信した時から始まった。当時、大人の鑑賞に堪えるアニメが支持されているのは世界の中で日本だけだった。海外ではアニメは子供のものというのが常識。
つまり大人向けアニメ市場は世界にはまだ本当にごくわずかしか存在していなかった。Netflixが狙ったのは、日本のようなアニメ市場をNetflixが世界で開拓すれば、全く新しい視聴者と試聴時間を獲得できること。それが大成功した。
そして日本に欠けていたもの、お金と制作時間をふんだんに提供した。しかもNetflixで公開すれば、全世界の視聴者に見てもらえる。これはクリエイターにとってはすごい魅力だ。
大ヒットアニメというのはお金だけでは実現できない確率の極めて低いビジネスだ。Netflixのオリジナル作品でも、まだ生まれていない。しかしNetflixのやり方はその確率を確実に上げるものだ。いつか鬼滅の刃を超えるような作品が生まれることを願っている。
僕もネットフリックスのアニメを見るようになりました。
3年前にはアニメコンテンツがなかったことが驚くぐらい今のランキングには常にアニメが何作品かランクインするようになっています。

グローバルにコンテンツを届けられるプラットフォームがあることはコンテンツ制作者としては本当に嬉しいことだと思います。記事にもあるとおり、実写と違ってどこの国の世界観でもない、フィクションだという前提があるのでグローバルでも通用するコンテンツとなるのでしょう。

今後も日本発グローバルコンテンツが世界により広がっていくと良いですね!
もともとアニメを観る習慣があまりなかった私。逆に海外の友達に「このアニメまだ観てないの?!めっちゃおもろいよ」とNetflixで観れる日本アニメを勧められて視聴したことがありますが、その度に鉄板のストーリーは世界で受けるんだなと実感します。(ちなみにその時アメリカ人の友達数人に勧められたのはワンパンマンとハイキュー!でした)
無国籍の日本アニメは、従来の国内TVビジネスより、資金力も世界網もあるネットフリックスのほうが似合う。編集者やクリエイターがこうして集うようになれば、強力な磁場となる。アニメとネットの相思相愛、どこまで発展しますか。
いやー、これは面白い。
もう今ではNetflixのトップ10ランキングには必ずと言って良いほどアニメが並んでいる印象ですが。
もともとはNetflixのアニメって一人プロジェクトから始まってるんですねぇ。

それが今や、全世界で1億世帯以上が視聴し、1.5倍のペースで成長中と言うから、本当に凄いです。

どうしても役者が日本人中心の上に、視聴者層を日本人を意識しているために日本向けによってしまいがちな邦画や日本のドラマに比べて。

アニメって国境を越えるポテンシャルは高いので、日本にとって大事な産業になるだろうなぁとは前から思っていて、実はNTTから転職する際にアニメ会社も選択肢の一つに入れていた時も会ったぐらいなんですが。

Netflixの凄いのは、やはり本当に国境を越えて多くの人にみてもらえるプラットフォームになっているところですよね。

日本だと、まだまだNetflix契約者がそんなにすさまじく多いわけではないので、Netflix限定アニメが日本中で話題になる感じはまだしないですし、Netflix限定だと鬼滅の刃的なマルチな展開が逆に難しくなる印象もありますが。

Netflix限定ドラマの愛の不時着が業界関係者を中心に話題になっていたことを考えると、同じようにNetflix限定アニメが大きな話題になる日が来るのも時間の問題かなと思ったりします。
サブスクなので、個別の映画やドラマのスケジュール・予算が想定外になっても、Netflix全体の価値が高まれば良いということでしょう。

【抜粋】
クオリティを優先してスケジュールや予算を「後から」でも決めることができる
ネットフリックスのアニメが面白くないのは、統括してる人に問題があるって誰かが言ってた
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
25.0 兆円

業績