新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界の流れに合わせる目的で出されたという面もある菅首相のカーボンニュートラル宣言。

一方、マスコミの中にはいまなお「電動化=EV化」と誤解する人がおり、HVを含めるのは言語道断と考えている人がいるようです。

トヨタ自動車代表取締役社長の豊田 章男氏は、仮に乗用車400万台をすべてEV化すると、夏の電力使用ピーク時には電力不足となり、カーボンニュートラルにはならないとの指摘をしており、日本の電動化比率は現時点でもノルウェーに次いで世界第2位の35%という事実も挙げています。

ここに書いてあるように大都市圏では圧倒的に環境に優しい鉄道利用との、ハイブリッドが有効だというのは確かにそうだと思います。
ガースーはテスラ社外取締役をbrainにしてますからね

脇が甘いよね
利益相反って言われたらどう返すのかしら
現状の自動車産業に関わる人たちの数、550万人…この数字から導かれるシンプルな結論は…

「自動車産業が負けたら、日本の経済も負ける」

ということです。

「だから何としても、負けられない!」

それが豊田会長のメッセージでしょう。

加えて、最近の電力供給能力不足の状態をみると、全体計画なしに「世界の流れに合わせる」と、どうなるかが見えてきますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
関連記事一覧
「脱ガソリン車」を急ぐと、自動車業界が電機業界と同じ轍を踏む理由 - 長内 厚のエレキの深層
Diamond Online
129Picks

「自動車ビジネスが崩壊」豊田社長の苦言にひろゆき氏「“エネルギーとエコにはハイブリットだ”と世界に喧伝するべきでは」 - ABEMA TIMES
BLOGOS - 最新記事
27Picks

日本が先行も最後はビリに? 水素社会へ欧米中は本気で舵切り 「判断と行動」遅い日本 取り残される可能性も
くるまのニュース
18Picks

電気自動車の蓄電池コストの低下進行で、2022年にはエンジン車との価格差は約20万円に、24年には価格差ゼロに。スイスUBS銀行が予測(RIEF)
一般社団法人環境金融研究機構
16Picks

中国と日本で環境車促進の動き、日本車EVの競争力はどうなる - モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫
Diamond Online
9Picks

自動車価格は10年後に5分の1、太陽光パネル価格は限りなくゼロに戦後最大の変化
ビジネスジャーナル
7Picks

レノバの株価動向が示す、洋上風力発電本格化の号砲
財経新聞
7Picks

トヨタ社長「自動車のビジネスモデル崩壊」 政府の「脱ガソリン」に苦言(毎日新聞)
Yahoo!ニュース
5Picks

にっぽん再構築/脱炭素―供給網変革迫る
日刊工業新聞電子版
4Picks

脱炭素、最小コストでの転換を 小山堅氏
日本経済新聞
3Picks