新着Pick
739Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地球の生物は、まず植物が大気中の二酸化炭素を吸収して酸素と炭素に分解することで誕生しました。つまり、光合成と炭素の固定です。二酸化炭素が充満していた大気は、何億年もかけて二酸化炭素が減少して、酸素が増加しました。植物の内部に固定された炭素も、何億年もかけて化石燃料となりました。
 炭素を固定した植物は、人類の歴史のほとんどを通して世界中で主な燃料でした。炭に加工することで燃料として使われる木材は、文明の成立と維持に不可欠で、多くの文明の誕生と存亡を左右しました。
 18世紀、ヨーロッパで化石燃料を大規模に活用することで、産業革命が起きました。石炭にしても石油にしても、炭素を固定した植物が、数千万~数億年もかけて変化してできたものです。産業革命で、化石燃料を使用して起きた技術革新は、製鉄もありますが、より大きかったのは、化石燃料の燃焼で発生させた蒸気を動力に使う、蒸気機関でした。化石燃料を燃焼させて動力とする、という方法は、現在まで変わらない主流の動力源です。類似の方法で化石燃料を使わない方法としては、ウランを使用した原子力発電があります。
 化石燃料の莫大な使用は、それまで減少して大気中の0.03%になっていた二酸化炭素を0.04%まで増やしました。
 脱炭素という時、何の問題があるから脱炭素するのか、よくよく検討される必要があるでしょう。化石燃料が有限だからなのか?地球が温暖化するからなのか?より費用対効果の高いエネルギー源の方が経済効率がいいからか?これらはそれぞれ別の問題です。
昨日は「なんかマルクスじゃないんだからさ・・」と感じ、今日は「なんかサイエンスライターじゃないんだからさ・・」と感じながら読み進めたら、まさにマルクスでありサイエンスライターでしたね。初回特集であればそこまでスタートラインに戻らずとももっと基本的なことから始めたらいいのにと思うところもありますが、多様な視点が必要ということでしょう。一つの正義に囚われると、なかなか解決しない課題でもありますね。ただ軸や骨格を決めずランダムに情報を得ると繋がりを構築できずエンタメとして消費して終わりとなりがちです。

ところで、この記事にもありますがよくある太陽電池パネルやEVの電池が製造時に大量の電気を使いCO2排出があるためエコでないという話は聞き飽きました。化石燃料であれば製造時ではなく利用時、初期ではなく運用で数十倍もの大量の排出となります。生涯の利用時にわたり化石燃料で排出し続ける現行アプローチに対し、ライフサイクルで大きな削減をする際に初期に投資が必要という話で、その初期も再エネでやる時代です。
植物の活用というのは理にかなっています。動物と植物は補完関係にある。その植物を開発という名のもとに伐採し、地球を砂漠化してしまっています。

植林や森林維持に多少お金はかかりますが、CO2を発生することはありません。緑化運動にもっと予算を投じるべきですね。
絵がカワイイ