新着Pick
412Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
罰金を含め、こうした厳しい措置のメリットは、強制力をもった確実な隔離が期待できることと、社会生活の停止を恐れる人の感染予防意識の向上。デメリットは感染疑いのある人が検査忌避する原因になり得ること。実際どういった効果があるかは、運用が始まってから見てみたい。

※記事では端折られているが、自宅療養や宿泊施設療養は入院の代替手段として行政の指示で運用されているので「入院拒否」にならないことは明らか。
かつてない規模のパンデミックであり、罰則を伴う措置は奥の手として持つ必要があります。法律を変えたからといって無闇に罰則を振りかざす訳ではありませんが、既に医療体制は破綻しており、このまま感染拡大が進めば奥の手を発動しなければなりません。

この法律改定に伴い、実際に施行されるときには警察の人員の配備が必要になります。方改定とともに体制整備についても議論が行われているでしょう。

個人的には法的拘束が厳しくなる事は望ましい事とは思っていませんが、やむ終えないと思います。
感染者数が少数で、感染を封じ込める段階では有効な対策かもしれませんが、市中感染が蔓延している現状では周回遅れな気もします。

特に首都圏など感染者数が極端に増えている地域ではコロナの入院の閾値がかなり高くなっていて、本来であれば入院を要するような患者でも入院先が決まらないことが増えてきています。「入院を拒否して罰則を受けたが、入院先が見つからず結局入院できない」、というような皮肉な事態が実際に起こりそうです。
それが可能になるのであれば、帰国後の経過観察中や自宅療養中に会食したら罰金、とか、
明らかに感染リスクのある行為をして感染したら(まぁ自己申告なのであまり意味ないかもですが)医療費やホテル滞在費全額自費、とかも検討したらどうかなと思います。

症状あってもなかなか入院できない現状で、入院拒否ってそうそうないケースかなと思います。
感染予防は、本人だけの問題ではなく社会全体の問題です。

やむを得ない措置でしょう。

正当な理由がないのに受け入れを拒否した病院にも罰則を科すべきです。
エボラ出血熱といった恐ろしい感染症に備え、罰則付きの厳しい措置で感染者を炙り出し、厳しく隔離する手段は必要です。無症状者が感染を拡げる致死率の低い新型コロナウイルスも、市中に感染者がいない初期の段階なら、感染者と濃厚接触者を罰則付きで追って検査して陽性者を炙り出し、隔離することで感染拡大を防ぐことができたでしょう。それが出来る初期段階なら、国民全体に活動自粛を求める必要はありません。感染者と濃厚接触者を罰則付きで厳しく追って陽性者を炙り出し、全員を隔離すれば良いのです。
しかし、市中感染が広がって無症状の感染者が大量にいる中で、たまたま判明した陽性者を隔離してみても、感染速度を送らせてピークを多少低くする程度の効果しかありません。だからこそ、陽性者の隔離に止まらず、政府は国民全体に活動自粛を求めているわけです。そうした状況下、検査を受けて陽性になったら厳しい罰則付きの規制が待っている、となったら、隠れた感染者は、多少具合が悪いと思っても、自主的な検査を避けるに違いない。隠れた感染者が市中に多数いる状況まで来た今の段階で重要なのは、隠れた陽性者を炙り出して隔離することより、国民に広く感染防止を求めつつ、不幸にも感染して重症化した人たちを救うことに医療資源を集中投入することです。
今回の新型コロナウイルスに関する限り、罰則付きの厳しい規制で感染者を炙り出して隔離する段階は、遠に過ぎているような気がするけれど・・・ (・・;
むしろ懸念されるのは、病床不足で「入院を拒否される」事態だろう。1000人にも満たない重症者で限界が騒がれる日本の公共医療サービスの低さが問題なのだ。
人口が日本の半分にも満たないフランスの場合、最も多い時は約7500人が新型コロナで集中治療を受けていたが、医療崩壊は起きなかった。コロナ以前は5000床だった集中治療室を、既に春の第一波の際から、14000床に増やす措置が取られたからである。日本は、医療も教育も民間や私費に頼り、何事にも「公共」の力が極めて脆弱だ。
陽性者を収監するってことは、コロナ専門刑務所でも作るんですか?作れるんですか?ある意味、作れるんなら、コロナ専門病院作った方がいいんじゃないの?入院させたくて拒否する人間のことより、入院したくてもできない患者のことを考えたら?
法案を見ていないが、「感染者」の定義が難しい。

一般にいわれでいるのは、保菌者であって感染者ではない。感染者とは何か?

つまり、以前の感染の結果、菌が残存しているとPCRで余生反応がまれに出るらしい。

また、感染していても入院を拒否するのはそれなりの理由があるはずで、その中には、やむを得ない理由の場合があるかもしれない。

何よりも、入院・自宅療養をさせるのが目的なのに、有罪を自白し、懲役を望んだ場合が厄介だ。
政府が、「感染症法改正により、入院拒否の感染者に対して1年以下の懲役または100万円以下の罰金を想定している」と与野党の連絡協議会で説明したそうです。短信だけなので詳細を待ちたいところです