新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
投機とかギャンブルっていうのは、アドレナリンやドーパミンがでて楽しい。ギャンブルをやっている時のハラハラ感は、通常の生活では得られない。
だから楽しい。ある意味、自分の大切な時間を娯楽に使っていることと同じだ。
いわば、ギャンブルは消費だ。だから楽しい。
だからギャンブルをやっているときは「あぁ、今、俺はギャンブルしてて楽しい、アドレナリン出まくり!」と楽しんでほしい。

ゆめゆめ、それで投資をしていると勘違いしてはいけない。
それでお金が手に入るとは思わないことだ。ゼロサムゲームにコイントスしているだけなのだから。
ビットコインは投機、もしくはコモディティと認識しましょう。
格安で金を作れる錬金術が発明されれば、金がその辺の金属並の値段になるように、さらに実物もなく、歴史(信用)も乏しいビットコインはなおさらです。
イギリス当局がいうように、突然ただのゴミデータになってしまうこともあるでしょう。


ビットコインのリスクは、クジラと呼ばれる大きな量を保有する初期の参入者の一斉売りだと考えます。今は、マイナーを中心とした供給しかなく、需要が供給を上回っている状況ですが、数万の量を持つクジラが動けば需要が蒸発する可能性もあります。

例えば、ビットコインが最初に使われたのは、約11
年前で、1万BTC(現在の時価は350億円)とピザ2枚が交換されたわけですが、その当時の参入者はこれぐらいのビットコインを持っていたと考えることができます。

これらの人が保有するBTCを本気で売り始めると供給量が需要を賄いきれず、ビットコインはゴミデータになる可能性もあります。
こういったリスクをふまえ、(私自身も)投機をする必要があります。
仮想通貨を本気でやると、ある線を超えた段階で国家を敵に回すことになります。それは、本質的なリスクであり、消えることはありません。

最近、高騰して、上昇気流を謳歌していたビットコインマニアにとっては、冷水をかけれた感じでしょうね。

人間の欲望は、こんなことではひるまないので、「ビットコイン最後の日」を迎えるまでは、これまでどおりの上昇&急下降のトレンドが繰り返されると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
まさにケインズの美人投票。
資産の裏付けがないし、CFを生み出すわけでもありませんから、需給バランスが崩れたときのボラティリティは大きい。
個人の自由と可能な担保の範囲でやって頂ければ、と。
電車だけは止めないで、ほんとに…。