新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大型投資については綱渡りに感じます。ドアダッシュなどホームランが出てきましたから、これチャンスとばかりに確実にリスクを抑えリターン確保を実現して2号ファンドの調達に繋げたいのでしょう。ファンド運営としては正しい。

出資額は今より円安時で約9000億円ほど。全体の1/6程度を売却して2100億円回収。回収前投資額がネット約7000億円で、保有残り10パーセントでその時価が1兆円。リスクも高いとみて、段階的セルダウンで確実なリターン確保を狙っていると思われます。まだまだ大株主ですが、MaaSの格企業としての位置付けは変わらず主張できます。
2018年初頭に企業文化や経営陣のも問題から経営危機に陥っていた際にソフトバンクが投資した英断が結果につながった形ですね。当時の出資時の時価総額が480億ドルだったので、約2倍での売却ということですね。
Uber株価は3月の15ドル近辺から最近は55ドルの上場高値を更新してきた。ライドシェア、Eatsのコアに集中し、過去広げ過ぎたノンコア事業の整理売却を進め、業績期待も回復中。投資会社として一部利確したということ。
ソフトバンクGのUber出資額は9000億円。今回の売却で2100億円回収。保有残り10パーセントでその時価が1兆円。なので、ソフトバンクGは9000億円投資して、1.2兆円になってる感じ。何やかんや巻き返してきてるのは凄い!w
IPOはたしか$45。IPO後、株価が本格的にこの水準を超えてきたのは昨年11月で、現在は$50-55。
自動運転技術が進むほど、ドライバーシェアリングはビークルシェアリングに変わり、ゲームチェンジの可能性も高いかと。業務の絞り込みとコロナ禍での残存者メリットを株式市場が好感する間に静かに出口を探るのは自然ななりゆき。
そもそも群戦略というものが事業戦略なのか投資戦略なのか気になる。前者の場合、UberはじめとしたMaaS銘柄を大きく売却することはないだろうし(オール統合なんかあり得るかも...)、後者なら今後も継続的、段階的ににUberやDoordash他を売却していきそう。
ウーバー仕事みたいなものに拡張するのかなぁ
「ソフトバンクグループが出資先の米ウーバー・テクノロジーズの株式を一部売却し、約2100億円を調達したことが米証券取引委員会(SEC)への届け出で分かった。2018年に出資して以来、ウーバー株の売却は初めてだ。届け出によると、売却日は7日。ソフトバンクGの関連会社などが3800万株を53.46ドルで売却した。ブルームバーグのデータによると、ソフトバンクGは7日時点で約10%に相当する1億8423万株を保有している。」
ソフトバンクグループ株式会社 (英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。近年は先端IT企業などに投資するファンド等を立ち上げ、投資会社の側面が強くなっている。プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社である。 ウィキペディア
時価総額
20.9 兆円

業績