新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政府の赤字と借金が膨らむ我が国が安定していられるのは経常収支が黒字、つまり国全体が黒字を保っていることが一つの大きな要因で、貿易収支の黒字もその分、国内でモノやサービスを作って外国に売って国民が稼いだということで、普通の状況下なら共に喜ばしい話であるはずなんですが、「輸入額の減少が輸出額の減少を上回った」というのは、世界の景気も国内の景気も悪く、なかでも日本国民が世界の人々以上にモノを買わなくなったということでもあるわけで、多少なりとも複雑な心境です。原油価格が下がった影響というわけでもなさそうですしね・・・ 医療体制を整備しワクチンを普及させ、経常収支の黒字を保ちながら輸出も輸入も増える状況が早く我が国に生まれて欲しい。
いずれにしても、新型コロナウイルス対策で政府の赤字と借金が急膨張するなか、経常収支が恒常的に赤字になったら大変です。そういう意味では、経常収支が黒字を保ったというのは安心材料です。 (^^)
季節調整値で見ても、景況黒字は前月から+18%増えてます。
最大の要因は、記事にもある通り貿易黒字の拡大です。
背景にはコロナショックからの海外と日本の経済持ち直しの格差があり、中国中心に経済持ち直していることで輸出が増えている一方で、日本経済が悪いことで輸入が低迷していることがあります。
次いで、第一次所得収支も黒字拡大に寄与しており、少なくとも経常黒字だけで見れば、コロナショック前の水準に戻りつつあります。
あんまりうれしい内容ではないですね。