新着Pick
397Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お金がある イコール 幸せとは限らない。 だがある程度のお金がないと満足ではないという状況になる、
誰も幸せがお金で買えるとは思ってはいないが、それぞれの価値観や家族構成によってこれだけは欲しいという金額は違ってくる。その金額を超えたあと 小さな幸せをどう維持するか?
どう生きるかに関わってくると思う。
お金は人生を豊かにするための手段。だから、ある程度の年収まであがると正の相関で幸福度もあがる。しかし、一定以上の年収や貯蓄を実現してしまうと、今度は本来手段であった金が人生の目的化してしまう。「年収があがる、貯金がたまる」ということでしか幸福度を感じられなくなる。つまり、その状態が金の奴隷になることであり、そこから幸福度はつるべ落としに下がるのです。
過程を楽しめる状態でないと、人や過去の自分の比較での幸福感にしかならず、限界がありますよね。

以下が大事だと感じました。

目標達成有無にかかわらず、努力をした過程そのものが幸福に繋がるという報告もあります。
幸せかどうかなんて、客観的に評価できないのだから

統計データで判断する様な物じゃないでしょ
年収だけでなく資産額も影響すると思います。どちらにしても一定額以上は幸福度合いとは関係なく、ゲームのスコアと同じ様に単なる数字になるという事でしょう。

収入や資産が増える事で、欲しいものがだいたい何でも買える様になれば、逆に物欲が無くなるという人がとても多いです。人によるので全員とは言いませんが。
お金がないと「ないこと」を悩みます。

中途半端以上にお金があるようになると「もつこと」を悩みます。

完全に個人依存だとは思いますが、統計的な数字が、この記事の内容なのでしょうね。

何も食べないとお腹が空いて辛いし、食べ過ぎると、それはそれで辛い…腹八分目が一番というのと似ているかもしれませんね。

それとは違う課題で「自分の幸せを定義できていない人」や、「自分と他人を比較する人」は、どんな恵まれた状況にあっても、幸せを感じられませんよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません